20代からはじめる戸建て不動産投資の方法【実例手順あり】

不動産投資に興味がある20代

・不動産投資をやってみたいけど、どうすればいいのかわからない

・20代で不動投資をするのは早すぎるかな?少し不安もあるなぁ

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

私が戸建て不動産を投資を始めたのが、28歳の時でした。

今思い返すと、不動産投資のノウハウもほとんどないままに書籍を読んで学び、物件を購入しました。

それから5年が経ち、今現在その時の経験を振り返ると、もっと早く・上手に動けていたと思っています。

そこで今回は、過去の不動産投資を始めた頃の20代の自分に対して、この記事を紹介したいと思います。

「20代からはじめる戸建て不動産投資の方法」は私の実体験をもとに、解説していきます。

「20代からはじめる戸建て不動産投資の方法」

20代からはじめる戸建て不動産投資の方法

・自分のなりたい姿を描く

・投資メンターに出会う

・投資について勉強する

・資金を貯める

・まずは物件を買ってみる

以上、「20代からはじめる戸建て不動産投資の方法」になります。

詳しく手順を解説していきます。

「自分のなりたい姿を描く」

投資において目的を決めることが、非常に大切です。

なぜなら、目的がないとどのような投資方法を行えば良いか決まらないからです。

まずは、自分のなりたい姿を想像して、そのなりたい姿に向かうにはどうすれば良いのか考えます。

そうすることで、自ずとやるべき手順が見えてきます。

20代の時は投資について、考えることはほとんどありませんでした。

私の場合、たまたま仕事の都合上、FP(ファイナンシャルプランナー)の資格を取る必要があり、その際に投資について勉強する機会を得ました。

その結果、投資の重要性を知り、28歳から不動産投資を始めることになりました。

実際に、20代から投資を始めるには早すぎると思うかもしれません。

しかし、20代から投資を勉強をしておけば、必ず30代以降の人生が変わってきます。

長期投資は、時間を味方にすると非常に負けにくい傾向にあります。

また、複利の力を活かすことを知れば、始める時期が早ければ早いほど、投資が有利になることがわかります。

【収益公開】ボロ戸建不動産投資を5年間続けた結果

「投資メンターに出会う」

若い頃から投資のメンターに出会うことができれば、投資に対してアドバンテージを得ることができると確信しています。

なぜなら、メンターとの出会いが、自分の人生を変えるきっかけになるからです。

私は25歳の時に、とある会社経営者の方と仕事をすることがありました。

その経営者さんは、複数の美容室を経営されており、経営や投資について多くのことを教えてもらう機会がありました。

当時サラリーマンをしていた私のような普通の若者に、なぜ経営や投資について教えてくれるのかと思われるでしょう。

私は当時、いつかは起業をして、自分で事業を行いたいと思っていました。

その思いがその経営者さんに伝わり、経営や投資について話をしていただけたと思っています。

実際に話を聞かせてもらい、今まで通りにサラリーマンをしていては決して気づくことが出来なかったことが多くありました。

そのおかげで、20代から不動産投資を始めることが出来ました。

今でもその経営者さんには、本当に感謝しています。

「投資について勉強する」

不動産投資の勉強方法については、「書籍で勉強する」か「セミナーへの参加」がおすすめです。

私が20代の頃に、不動産投資を始める前に100冊以上書籍を読みました。

それら書籍から、不動産投資の基礎や専門用語を学びました。

その中でも、非常に役にたった書籍を紹介しています。

不動産投資の初心者向けおすすめ本10冊【戸建不動産投資家が厳選】

セミナーについても、企業主催よりも投資家さん主催のセミナーがおすすめです。

企業主催になるとどうしても、最終的に営業勧誘につなげてきやすいからです。

逆に、投資家さん主催の場合、投資家さんの実体験や投資方法の話を聞けるので、不動産投資の具体的なイメージがつきやすいです。

「資金を貯める」

不動産投資を始めるには、資金が必要になります。

まずは、1棟目を購入するためにも種銭を作る必要があります。

戸建て不動産を始めるには、200~300万円の自己資金が必要になります。

種銭を作るには、給与からの天引きがお勧めです。

給与天引き貯金であれば、残金でやりくりするしかなく、決めた金額が必ず貯まっていくことになります。

天引き金額を決めると、自分の目標への期間も読めるため投資への計画がしやすいです。

私が20代の頃手取り17万で1棟目の資金を貯めることが出来ました。

サラリーマン戸建不動産投資の種銭の貯め方【20代手取17万で180万貯金できた方法】

自分のなりたい姿を明確に持ち、目標に向けて日々コツコツ努力する必要があります。

またサラリーマンをしながら、副業で稼ぎその資金で不動産投資にまわす方法もありですね。

「まずは物件を買ってみる」

あえて20代であれば、まずは物件を買ってみても良いと思います。

なぜなら、20代はまだまだ人生先が長く、たとえ投資が失敗したとしても、その失敗経験を活かせば十分にリカバリーできます。

むしろ、20代で失敗経験を重ねた人ほど、人とは違った経験ができます。

その経験が、今後の投資人生に有利に働かせることも可能です。

そう言った理由から、まずは考えて動かないよりも、物件を買ってみて小さく始めて経験を積むことも一つの方法です。

失敗しにくい戸建て賃貸を少額で始める方法【1棟目は総額200万円以下でした】

ただし、不動産投資には、最低でも300~500万円の資金が必要です。

当然ながら失敗をすれば受けるダメージは大きいので、自分のリスク許容度に合わせた投資を行うことをお勧めします。

「まとめ」

「20代からはじめる戸建て不動産投資の方法 まとめ」

・自分のなりたい姿を描く

→自分のなりたい姿を想像して、そのなりたい姿に向かうにはどうすれば良いのか考えます。そうすることで、自ずとやるべき手順が見えてきます。

・投資メンターに出会う

→若い頃から投資のメンターに出会うことができれば、投資をに対してアドバンテージを得ることができる

・投資について勉強する

→不動産投資の勉強方法については、「書籍で勉強する」か「セミナーへの参加」がおすすめです。

・資金を貯める

→種銭を作るには、給与からの天引きがお勧め

・まずは物件を買ってみる

→物件を買って、まずは小さな失敗をする。その経験をもとに30代以降へ活かす

以上、「20代からはじめる戸建て不動産投資の方法」になります。

私は20代から不動産投資を始めました。今でも20代から始めてよかったと思っています。

なぜなら20代だからこそできる経験を活かして、その後現在から30代以降の投資への道が見えてきているからです。

まだまだ私もこれからですが、投資については、なるべく早く始めることはメリットしかないと思っています。

もしも、20代で不動産投資をお考えの方に参考になれば嬉しいです。

このブログでは、不動産投資をメインに自分の実体験をもとに役に立つ情報発信をしていきます。

少しでも情報が役に立ったと思ってもらえると嬉しいです。

不動産投資のはじめ方 -不動産投資とは- 【初心者向けに解説】

戸建て不動産は低属性でも融資がつくか? 【フリーランスでもローンを引いた方法】