【悲報】好条件な戸建て物件情報ほど、あなたにまわってこない真実

不動産投資初心者

・好条件な投資物件が全然ないのはなぜだろうかぁ

・利益のでる戸建て物件を見つけたいなぁ

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

不動産投資初心者ほど、よい物件の情報がまわってこないと嘆いている人を多く見受けます。

「物件が老朽化しすぎている」「物件価格が高すぎる」「客付けができない立地」など買えない理由はさまざまです。

私も2015年に不動産投資を始めた当初は、自分が理想とする物件をなかなか買えずにいました。

しかし、現在では戸建て物件を10棟ほど購入して、賃貸物件として運営できるようになりました。

そこで今回は、「好条件な戸建て物件情報ほど、あなたにまわってこない真実」を詳しく解説していきます。

なぜ、初心者の戸建て不動産投資家にはよい物件の情報がまわってこないのかを、自分の実体験をもとに解説していきます。

なかなか物件を買うことができない、戸建て不動産投資家の方向けに、参考になれば嬉しいです。

「物件情報がまわってこない理由」

「物件情報がまわってこない理由」

・初心者投資家ほど情報はこない

・待ち姿勢では情報はこない

・買えると認識されていない

・そもそも情報収集が不十分

以上が、「物件情報がまわってこない理由」になります。

詳しく解説していきます。

「初心者投資家ほど情報はこない」

いきなり残念なお知らせですが、初心者投資家ほど情報はきません。

その理由は、初心者実績がないからです。

不動産仲介業者さんは、物件の情報が入ると、まず最初に実績のある投資家に情報を流します。

そのため、初心者投資家ほど情報は回ってきません。

私が投資を始めた当初は、売りに出されてから1〜2年売りに出されたままの物件ばかりでした。

つまり、誰もが買わない売れ残り物件です。

その物件を安い指値交渉をすることで、収益物件とし実績を重ねてきました。

「待ち姿勢では情報はこない」

好条件な戸建て物件情報は、待ち姿勢では情報はきません。

その理由は、良い物件ほどすぐに買い手が現れます。

そのため、常に不動産投資家は情報収集をして、動き回る必要があります。

「投資家は物件を買うからお客だ」という姿勢では、不動産仲介業者さんはなかなか優先して紹介をしてくれません。

不動産仲介業者さんにとって優良顧客となり、情報を紹介しやすい関係を気づくことが大切です。

優良不動産物件の情報が手に入る方法【不動産屋さんとの関係性づくり】

「買えると認識されていない」

不動産仲介業者さんも日々の業務が忙しく、いきなり物件を購入したいといっても、なかなか買えると信用してもらうには難しいです。

不動産投資は、とても大きな買い物になります。特に初めて行く不動産仲介業者さんには、自分が本当に買えるという証明が必要になることもあります。

一番早いのが、「過去購入してきた実績」をまとめて見せることです。

私は、始めていく不動産屋さんに対しては、物件一覧を表にして自分の実績を見せています。

そして、不動産仲介業者さんに、すぐに理解ができるように丁寧に説明をしています。

もしも、実績がない場合には、自分が物件を買いたいという意欲があるということを伝えましょう。

そのためにも、なるべく具体的な欲しい物件情報を伝えるようにしましょう。

不動産屋へ伝える情報

・戸建 or アパート

・物件価格帯

・立地

・間取り

この辺りを伝えることで、もし条件に合う物件情報が出た際に、連絡がある可能性が高まります。

「そもそも情報収集が不十分」

好条件な戸建て物件情報がまわってこないのは、そもそも情報収集が不十分な可能性があります。

今は、スマホがあれば物件情報を収集できます。

毎日5分でもよいので、不動産仲介サイトを閲覧し続けることで、ふとしたときに気になる物件情報が手に入ることがあります。

私の場合、100件を検討をして、そのうち1件を買えるかどうかになります。

つまり、不動産仲介サイトの物件を100件検討して、そのうち10件の内覧を行い、1件を購入するかどうかということです。

このぐらい検討して初めて、優良な物件は手に入ると思います。

ここまでの情報収集をしていなくて、物件買えないというのであれば、そもそも情報収集不足ではないかと思ったほうが良いです。

「物件情報がまわって来るようにするには」

ではどのようにすれば、『好条件な戸建て物件情報』がまわって来るのかを解説していきます。

私は現在、10棟の戸建て物件を購入してきた実績をもとに、複数社の不動産仲介業者さんと情報共有をしています。

各不動産仲介業者さんには、私が欲しい物件情報を伝えてあるため、新着物件の情報があれば、すぐに連絡があります。

その物件情報は、一般の方が購入する市場へ出る前の情報です。

交渉一番手であれば、金額交渉もしやすくかなり有利であると思っています。

この状態までくるには、「物件を購入してきた実績」と「日々情報収集」を行っているからです。

不動産投資初心者には、実績がありませんが、「日々情報収集」はできます。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

戸建て不動産投資物件の情報収集方法【高利回り物件の探し方】

「まとめ」

物件情報がまわってこない理由 まとめ

・初心者投資家ほど情報はこない

→不動産仲介業者さんは、物件の情報が入るとまず最初に実績のある投資家に情報を流す。

・待ち姿勢では情報はこない

→優良顧客となり、情報を紹介しやすい関係を気づくことが大切

・買えると認識されていない

→自分が本当に買えるという証明が必要になることもある

・そもそも情報収集が不十分

→不動産仲介サイトの物件を100件検討して、そのうち10件の内覧を行い、1件を購入するかどうか

以上が、「好条件な戸建て物件情報ほど、あなたにまわってこない真実」になります。

私が不動産投資を始めた当初は、自分の理想とする物件を買えない期間が長くありました。

今思い返すと、それほど行動をせずに、ただただ物件がないと嘆いていたに過ぎないと思います。

つまり、初心者ほど情報収集が不足している可能性が高いです。

不動産投資は、物件を購入しないと始まりません。

本当に不動産投資を始めたいのであれば、まずは具体的に行動して物件情報に触れる回数を増やすことをお勧めします。

このブログでは、不動産投資をメインに自分の実体験をもとに役に立つ情報発信をしていきます。

この記事を読んで参考になれば嬉しいです。

不動産投資の営業トークを論破して断る方法【ゴミ物件をつかまないコツ】

【2020年版】不動産投資の勉強おすすめ不動産投資家YouTubeチャンネル動画まとめ7選