【いなか不動産とは】不動産投資でセミリタイアを目指すブログ

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

目標は不動産投資で”セミリタイア/経済的自由”へ

ブログの目的

戸建て不動産投資の情報を中心に、不動産投資の役に立つ情報発信していきます。

そして、私の当面の目標は、不動産投資で”経済的自由”の達成です。

「現在の戸建て不動産投資の実績」

2020年現在では、合計10棟の戸建て不動産を所有しています。

所有不動産一覧はこちらから

場所は、人口5万人ほどの地方ながらも満室に近い入居率を維持しています。

ここでは、所有物件を紹介していきます。

【収益公開】ボロ戸建不動産投資を5年間続けた結果

所有賃貸物件一覧

2015年 

1棟目戸建て物件 物件価格150万 リフォーム30万 家賃3.5万 表面利回21%

2棟目戸建て物件 物件価格250万 リフォーム50万  家賃5.0万 表面利回20%

失敗しにくい戸建て賃貸を少額で始める方法【1棟目は総額200万円以下でした】

2016年 

3棟目戸建て物件 物件価格100万 リフォーム400万  家賃5.6万 表面利回15%

【ボロ戸建物件を低コスト再生】550万円で”夢のマイホーム”を手に入れた話

2019年 

6棟目戸建て物件 物件価格200万 リフォーム100万 家賃4.8万 表面利回19%

7棟目戸建て物件 物件価格150万 リフォーム350万 家賃8.0万 表面利回21%

8棟目戸建て物件 物件価格230万 リフォーム70万 家賃5.5万 表面利回22%

【実例紹介】不動産投資家が”競売物件″を購入して賃貸物件にしてみた

2020年 

9.10棟目戸建て物件 物件価格230万 リフォーム200万 家賃4.0万*2棟 表面利回22%

【戸建て賃貸物件10棟目購入】 セミリタイアに一歩近づきました。

※自宅は計算にいれず

2018年 5棟目戸建て購入   物件価格100万  リフォーム450万  自宅として改修

【ボロ戸建物件を低コスト再生】550万円で”夢のマイホーム”を手に入れた話

家賃収入と借入金

物件数:10棟(うち1棟を自宅) 

家賃収入:459,000円

毎月返済額:224,000円

返済比率:48.8%

借入総金額:2097万円

キャッシュフロー手取り:235,000円

「戸建不動産投資を始めたきっかけ」

サラリーマンの働き方に限界を感じる

戸建て不動産投資を始めたのは、サラリーマン時代でした。

当時の給与の手取り17万円程度。

労働時間は、朝の7時〜夜の21時の14時間労働で、残業代はなしの職場でした。

このままこの職場で働き続けても先はなく、何か自分の力で稼ぐ必要があると思い立ちました。そして、資格勉強の取得をがんばりました。

いくつか取得した資格のうちに、”ファイナンシャルプランナーお金の知識”が、自分の考え方を大きく変えました。

そうしているうちに、不動産投資入門王道本である「金持ち父さん、貧乏父さん」を読み、不動産投資を知りました。

現状の薄給サラリーマンの状態を抜け出すためにも、まず最初に、自分で不動産投資を始めようと思い立ちました。

そして、自分なりに独学で勉強をして、不動産投資を始めました。

不動産投資の初心者向けおすすめ本10冊【戸建不動産投資家が厳選】

副業を開始。給与以外に7.5万円の家賃収入を得る

2015年に、1棟目となる戸建て不動産を現金で購入しました。

同じ年に、初めて金融機関の借り入れを使い、たて続けに2棟目を購入しました。

この時点で、サラリーマンの給与以外に月7.5万円の収益を手にすることができました。

(1棟目3.5万円+2棟目6.8万円-借り入れ返済額2.8万円)

サラリーマン戸建不動産投資の種銭の貯め方【20代手取17万で180万貯金できた方法】

その後、2016年にサラリーマンを退職して、建築系フリーランスとして独立。

今振り返れば、独立当初は収入の安定がしていなかった時期に、サラリーマン時代に購入した不動産収益に助けられました。

【戸建て賃貸投資】”サラリーマン副業”におすすめな理由

その後、2020年の現在まで物件を買い進めてきています。

「目標は、不動産投資でセミリタイア」

現在の暮らしと今後の目標

現在は、フリーランスの収入と不動産の収入の2本柱で生活をしています。

家族構成は、夫婦2人共働き+子が1人です

ちなみに、我が家の生活費は以下の通りです。

我が家の毎月の生活

・食費 

・水道光熱費 

・車燃料費 

・通信費 

・住宅ローン(10年ローン返済) 

・国民年金 

・健康保険 

・雑費(書籍費)

・生命・労災保険

毎月の生活費「最大25万円程度

ここから将来を考えて、「教育費」「医療費」「車両代」「旅行費」「老後資金」の貯蓄をするお金が必要になります。

将来必要積立

・貯金

・小規模事業共済

・iDeCo

・積立NISA

将来必要積立「15万円程度」

+α

旅行・趣味代など

消費コスト+α10万円

セミリタイアに必要な毎月の収入

生活費25万円 + 将来必要積立費15万円 + α(10万円) = 毎月50万円

生活費用と将来必要な積立費とプラスアルファ費用を合計すると、

不動産投資で、家賃収入100万円、手取り額で毎月50万円程度の収入が手に入れば、悠々自適のセミリタイア生活が可能になりそうです。

不動産収益25万円の場合

「夫婦二人の生活費用」をまかなえる

不動産収益40万円の場合

「夫婦二人+子供の生活と老後費用」をまかなえる

不動産収益50万円の場合

「夫婦二人+子供の生活と老後費用と自由に使えるお金(10万円)」をまかなえる

私のセミリタイアへの目標設定

不動産投資での、実質手取り収益を、毎月50万円確保すること

(2019年12月末現在では、不動産による家賃収入は全て、次の物件の購入費用に当てています。)

「人生に後悔したくない。夢も実現のためにセミリタイア/経済的自由を目指す」

現在の私は、フリーランスをしながら生活をしています。

日常の大半は、労働の時間に当てています。生活のためには、貴重な自分の人生の時間を切り売りして稼がなければなりません。

しかし、人生は一度きり。

本来、自分のやりたいことを実現するために、私は経済的自由を目指します。

【セミリタイアの第一歩】戸建て不動産投資で毎月10万円を得る方法

当ブログでは、以上の考え方をもとに、経済的自由を夢見て、日々不動産投資を中心とした情報発信をしていきます。

このブログを読んで、不動産投資に興味を持っていただけると嬉しいです。

[kanren postid=”1707,1929″