サラリーマンが中古戸建不動産投資で月5万円を得る方法【副業の手順を解説】

副業に興味があるサラリーマン

・副業で、不動産投資を始めてみようかなぁ

・サラリーマンでも、戸建不動産投資できるのだろうか?

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

私は過去サラリーマンをしながら、中古戸建不動産投資を行っていました。

その時には、物件を2件購入して、月7.5万円の副収入を得ていました。

この記事では、「サラリーマンをしながら中古戸建て不動産投資で副業を行いたい人向け」です。

記事内容

・中古戸建て不動産投資で具体的に月5万円を得る方法

・私がサラリーマンをしながら戸建不動産投資で月7.5万円を得ていた方法

以上の2つの内容をメインに、詳しく解説していきます。

サラリーマンの方の副業の一つの方法として、紹介できればと思います。

「中古戸建不動産投資のメリット・デメリット」

前提として、”サラリーマン副業といった目線”での、戸建て不動産投資のメリット・デメリットを紹介していきます。

中古戸建不動産投資メリット

・客付けできると手間がかからないので、忙しいサラリーマン向け

・新築やアパートよりも初期費用が小さいため、初心者でも始めやすい

・金額が小さいので、失敗しても被害が小さい

・サラリーマンの給与を担保に融資が受けやすい

中古戸建不動産投資デメリット

・築古物件の場合リフォームが必要なので、購入方客付けまでに3〜6ヶ月はかかる

・客付けができなければ、収益が0円

・中古物件なので、思わぬ修繕費用がかかることがある

・融資・買付・契約を平日にする場合は、会社を休まなければならない

総じて中古戸建て不動産投資は、新築・アパートに比べて費用が低く初心者でもやりやすいのが特徴です。

逆に、金額が低いと訳あり物件に当たる可能性が高く、思わぬ修繕コストがかかることもあります。

また、新築や区分マンション投資と比べると、比較的利回りは出しやすいです。

1棟ものは、客付けができないと収入が0円になるので、借入を行う場合には返済とのバランスを検討する必要があります。

「中古戸建不動産投資で月5万円を得る方法」

中古戸建不動産投資で月5万円を得る方法の、手順を紹介していきます。

中古戸建不動産投資で月5万円

物件価格200万円+リフォーム費用100万円を現金決算(※諸経費別途)

家賃収入5万円表面利回り20%

実は毎月5万円の家賃収入を得ることは、難しいことではありません。

上記のような条件の物件を見つけて、現金購入すれば、サラリーマンでも十分に可能です。

ここから手順を説明していきます。

中古戸建不動産投資で月5万円を得る方法

①不動産投資の勉強を始める

②不動産屋に問い合わせ、サイト閲覧を行う

③予算を決めて買い付けを行う

④予算内にリフォームを行う

⑤募集・客付け

⑥戸建不動産投資で月5万円達成

①不動産投資の勉強を始める

不動産投資を始めるには最低限の「投資」と「不動産に関する」知識が必須です。

まずは、コスパの良い書籍を読み知識を得ておきましょう。

②月5万円を得るために予算を設定する

物件を現金で購入すれば、家賃設定5万円で達成可能です。

その際に、「表面利回り20%以上」を目標に物件予算を決めていきます。

現金購入の場合

家賃5万円(年間60万円)

表面利回り20%で逆算して、投資価格300万円(リフォーム費用込み)と予算設定

(物件価格200万円+リフォーム費100万円

表面利回り20%とは、はじめに掛けた費用(300万円)を家賃収入(5万円/月)で回収できる目安指数です。

③不動産屋に問い合わせ、サイト閲覧を行う

次に不動産屋さんから情報をもらうために、物件を探していると問い合わせをしましょう。

また、気になる不動産屋さんのサイトをブックマークに入れて毎日閲覧するようしましょう。

④買い付けを行う

ふとしたタイミングで自分の予算にあった物件が出てくることがあります。

自分が良いと思えば物件内覧を行い、買い付けをします。

⑤予算内にリフォームを行う

表面利回り20%を目標に必要な箇所のリフォームを行います。

思わぬ修繕が起こり得るので、予算には余裕があった方が良いです。

⑥募集・客付け

リフォーム最中にでも、募集を掛けていきます。

不動産業者任せにならず、自らもチラシを作ったり、複数の不動産業者に募集依頼をかけて、動いた方が入居の確率は上がります。

⑦中古戸建不動産投資で月5万円達成

無事に入居が決まれば、はれて不動産投資スタートです。

毎月家賃5万円入ってくるのを楽しみに、入金確認を行います。

「実体験 サラリーマンをしながら月7.5万円の副収入を作る」

ここでは、私自身が過去サラリーマンを行いながら中古不動産投資で月7.5万円を得ていた方法を紹介します。

サラリーマンをしながら月7.5万円を得た方法

一棟目戸建て物件:180万円(物件価格150万+リフォーム30万)

180万円を現金購入 収入3.5万円(家賃3.5万)

二棟目戸建て物件:300万円(物件価格250万+リフォーム50万) 

300万円を借入(10年返済金利2.75%) 収入4.0万円(家賃6.8万-返済2.8万円)

一棟目戸建て物件:収入3.5万円+二棟目戸建て物件:収入4.0万円=月収入7.5万円

上記の仕組みで、サラリーマンの給与とは別に7.5万円の収入がありました。

当時は上がらない給与に絶望して、自ら状況を変えるために不動産投資を開始しました。

月7.5万円も給与とは別に収益があることは精神的なゆとりができ、その後サラリーマンに見切りをつけて自分で独立するきっかけともなりました。

「まとめ」

中古戸建不動産投資で月5万円を得る方法

①不動産投資の勉強を始める

②不動産屋に問い合わせ、サイト閲覧を行う

③予算を決めて買い付けを行う

④予算内にリフォームを行う

⑤募集・客付け

⑥戸建不動産投資で月5万円達成

以上が、「サラリーマンが中古戸建不動産投資で月5万円を得る方法」になります。

独立当初のフリーランスとしての収入が少ない時期にも、不動産投資の収入にはずいぶんと助けられました。

サラリーマン時代に一歩踏み出すことができていなければ、今の不動産投資をしている自分はいませんでした。

当時の現場に疑問を持ち、自分自身の現場を変える行動をして本当に良かったと思っています。

不動産投資に興味がある方は、まずは不動産業界に転職をして経験を積むのもありです。