【セミリタイアFIRE生活を実現】三菱サラリーマンってどんな人?

不動産投資に興味がある人

・セミリタイア生活を実践するには、どんな方法があるのかなぁ

・三菱サラリーマンさんってどんな人??

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

当ブログでも目標として掲げている「セミリタイアFIRE生活」

このFIRE生活を知るきっかけとなったのが、三菱サラリーマンさんが運営させているブログ「三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた」です。

三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた
FIREとは

「FIRE(Financial Independence, Retire Early=経済的に独立、早期に退職)」と呼ばれる

経済的自由かつ早期リタイアをすること。

そこで今回は、【セミリタイアFIRE生活を実現】三菱サラリーマンってどんな人?という内容を詳しく解説していきます。

私が尊敬している三菱サラリーマンさんについて情報をまとめて、『セミリタイアFIRE生活』の実現に向けて、情報シェアしていけたらと思います。

この記事を読むメリット

・セミリタイアFIRE生活を実現されている三菱サラリーマンから参考にすべきことを解説

・セミリタイアへのヒントが見つかるかもしれません

「【セミリタイアFIRE生活を実現】三菱サラリーマンってどんな人?」

三菱サラリーマンさんは、三菱系の企業に勤めつつ、毎月の給与の8割を株式投資を行い、わずか7年半で不当所得月20万を経済的自由を達成。

現在は、サラリーマンを退職されて、セミリタイアFIRE生活中

ブログに掲載されている略歴を紹介します。

三菱サラリーマン 略歴

14歳:為替

15歳:ネトゲ廃人

19歳:慶應義塾大学経済学部

21歳:北京大学経済学部

22歳:株式

23歳:入舎当日アーリーリタイア決意

29歳:経済的自由

30歳:セミリタイアFIRE

略歴引用:三菱サラリーマンが株式投資でセミリタイア目指してみた

23歳の入社(入舎)当日にリタイアを決意されています。

そこから、7年半で『セミリタイアFIRE』を実現されています。

「セミリタイアFIRE達成 投資手法」

三菱サラリーマンさんは、主に『株式投資』をメインに行っており、株式からの配当金月20万程度の不労所得を得ています。

三菱サラリーマン セミリタイア達成時のポートフォリオ

三菱サラリーマンの投資指針

三菱サラリーマンの投資指針

・毎月給与の8割を株式買付にまわす単純な作業。ポイントは、いかに若年期に資本を蓄積できるか。

・基本的にバイ&ホールドを継続。大きくポートフォリオを動かす予定はない。「定常的なキャッシュフロー・不労所得である配当金収入」を得る

・単一銘柄でポートフォリオの10%は上回らないようする

「高配当株の長期分散投資」を忠実に守る投資指針になります。

また、給与の8割を株式にまわすことで、早期に資産を築くことを目的にされています。

「セミリタイアFIRE達成禁欲・運動・投資・節約の4本柱」

三菱サラリーマンさんが30歳という驚異の速さでセミリタイアFIRE生活を達成したのには、支出の最適化を重要視されています。

その支出の最適化には、4つの指針があります。

ブログでも紹介されていますが、「禁欲」「運動」「投資」「節約」です。

これら4本柱を知ることで、早期のセミリタイアFIRE生活へのヒントが見えてきます。

「①禁欲」

・服装は、基本的に社内では年中半袖

・できるだけ定期券内で生活

「②運動」

・階段に感謝。毎日階段のみで移動する。階段は資源。

・水泳は区民プール(400円)

・10kmぐらいなら時間があれば歩く

「③投資」

・給与の8割を投資に回す

・高配当株の長期分散投資

「④節約」

・徹底的に節約

・会社の飲み会は基本的に不参加

・映画は株主優待で0円

・コンビニ支出は、株主優待のQUOカード0円

・散髪は1,000円カット

・読書は図書館利用

以上の4本柱でわかるように、日々の暮らしに一切の支出を最適化されています。

むしろ、この禁欲的生活を楽しんでいる節もあります。

驚異的なことは、臨時出費がない限り自身のプライベートの出費は2万以下に抑えるとのこと。

このように徹底的に支出を最適化することで、給与の8割を投資に回し、30歳でのセミリタイアFIRE生活が達成されています。

また、支出の最適化の良い点は、セミリタイアFIRE生活後にも活きてきます。

不労所得と言っても、限られた配当金内での生活をしなければなりません。

そのため、リタイア後の破産リスクも格段に下げることができます。

初めから支出の最適化ができていれば、今まで通りの生活をスライドするだけです。

「三菱サラリーマン参考にすべきこと」

三菱サラリーマンの道のり

・高年収のサラリーマン給与を得る

・給与の8割を投資に回す

・支出の最適化

・セミリタイアFIRE達成

三菱サラリーマンさんが実践されている、セミリタイアFIRE生活は、「一度だけの人生 自分の時間を大切にする」ことだと思います。

通常であれば、20前後で就職をして生涯労働が当たり前。

それは、極端に言えば人生の大半を”他人のため”に生きていくようなものです。

サラリーマンであろうと、フリーランスであろうと顧客がいれば、みな顧客のために自分の大切な時間を対価にしているに過ぎません。

お金は代えが効きますが、失われた時間は絶対に戻ってきません。

セミリタイアFIRE生活が実現することができれば、自分の「好きな時間に」「好きな場所で」「好きなこと」をすることができます。

私は2020年3月に第一子が生まれました。

ただ生まれた直後は、年度末の仕事が重なり、なかなか子どもや妻との時間を取ることができずにいました。

たった一度の人生、大切な家族と共に過ごしたいのですが、現状ではまだまだ労働して生活費を稼ぐ必要があります。

しかし、いずれは不動産投資でセミリタイアFIRE生活を実現し、”自分の時間を自分のためだけ”に使えるようになることが目標です。

三菱サラリーマンさんが実践された、セミリタイアFIRE生活までの行動を参考に、私も目標に向かって、日々精進していこうと思っています。

私のブログでは、セミリタイアFIRE生活達成を目標に、自分の実体験や不動産投資に関する情報を日々発信しています。

この記事を読んで参考になれば嬉しいです。

成功している不動産投資家の6つの特徴【共通点を見つける】

【セミリタイアの第一歩】戸建て不動産投資で毎月10万円を得る方法