【在宅ワークの始め方】自宅で稼ぐための手順

在宅ワークに興味があるサラリーマン

・副業を始めたいけど、どうやって始めれば良いのか知りたいなぁ

・自宅で稼ぐには、どういった手順があるのだろうか知りたいなぁ

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

在宅ワークで、フリーランスをしながら不動産投資を行っています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

コロナウィルスの影響で、外出自粛やオフィス出勤7割減要請により、在宅ワークでの働き方が増加しています。

今まで、在宅ワークを行ったこととがない人にとって、いきなり在宅ワークを行うに不安や抵抗感があるのではないでしょうか?

そこで今回は、【在宅ワークの始め方】自宅で稼ぐための手順 を詳しく解説していきます。

在宅ワークをきっかけに、これから働き方が大きく変わるであろうと予想しています。

今から在宅ワークを始めておくことで、今後の働き方の変化についていけるように、対応しておく必要があります。

この記事を読むメリット

・在宅ワークの始め方が理解できる

・自宅で稼ぐ方法や仕事の種類がわかります

「【在宅ワークの始め方】自宅で稼ぐための手順」

【在宅ワークの始め方】自宅で稼ぐための手順
  1. 現在の業務内容の洗い出し
  2. パソコン機器環境を整える
  3. 求人サイト登録
  4. 仕事を受注・納品

以上が、【在宅ワークの始め方】自宅で稼ぐための手順 になります。詳しく解説していきます。

①現在の業務内容のピックアップ

まず最初に行うことは、今まで行っていた業務内容の整理から始めましょう。

どの業務が在宅ワークでできるかのかをピックアップして、あらかじめ整理しておくことが大切です。

在宅ワークでは、取引先のとコミュニケーションがとりづらいのが現状です。

そのため、どのような方法でコミュニケーションを取るのかを検討しておく必要があるでしょう。

在宅ワークの事前準備

・在宅でできる業務内容をピックアップ

・コミュニケーション方法を選定

・書類の送付方法を検討

・業務セキュリティの整備

②パソコン機器環境を整える

在宅ワークを行うには、パソコン機器環境を整える必要があります。

在宅ワークに必要な設備

・パソコン

・無線LAN

・複合機

・ワークスペース

業務にもよりますが、仕事中は基本的にインターネット常時接続になるため、そういった環境に耐えうる設備を整える必要があります。

また、自宅でも集中して在宅ワークが行えるような、環境を整えることも非常に重要です。

③求人サイト登録

近年、在宅ワーク向けの求人サイトは、かなり充実しています。

初心者向きの案件や、在宅ワーク本業の方にとって、自宅にいながら”案件の受注”から”納品”まで行えるのは、非常に画期的です。

在宅ワーカー向けのお勧めエージェントサイト

・クラウドワークス

・ランサーズ

・ココナラ

・ビズシーク

こちらの記事では、在宅ワーカー向けのお勧めエージェントサイトを紹介しています。

④仕事を受注・納品

仕事が受注することができれば、チャットツールをメインに、時には電話を使いながら、相手とやりとりを行います。

上記で紹介した、在宅ワークエージェントサイトを使えば、成果品の納品や報酬のやり取りがサイト内でできるので安心です。

以上が、【在宅ワークの始め方】自宅で稼ぐための手順 になります。

始めてでは、案件受注や相手とのやりとりで慣れないこともあるかとは思います。

しかし、数件こなしていくうちに、きっと在宅ワークでの働き方に、徐々に慣れてくるでしょう。

「在宅ワークでの仕事の種類」

在宅ワークには、様々な種類の仕事があります。

ここでは、「主に稼ぎやすい在宅ワーク」を紹介していきます。

在宅ワークでの仕事の種類
  • プログラミング
  • ライティング
  • Webデザイン
  • 動画編集
  • 事務作業
  • その他

・プログラミング

アプリやWebサービスの開発・運営に欠かせないのがプログラミングです。

パソコンがあれば、場所を問わずにどこでも仕事が可能です。

また、一件あたりの単価は20万円以上と、非常に高額であることから、ITプログラミングスキルのある方にはお勧めです。

・ライティング

ブログ執筆や取材広告などでの、記事作成が主な仕事です。

ライティングは、パソコン1台あれば場所を問わず、どこでも仕事が可能です。

1案件あたり1文字あたり0.1円〜1円程度の報酬ですが、1案件事でも報酬が違ってきます。

より付加価値の高いセールスライティングやウェブライティングスキルがあれば高単価の案件を狙うことも可能です。

・Webデザイン

ホームページ・チラシ・ロゴデザインなどのWeb上のグラフィックデザイン案件が主な仕事です。

Webデザインは主にパソコンとIllustrator・Photoshopといった画像編集ソフトが必須になります。

・動画編集

YouTube用動画編集の需要が高まってきており、動画編集の案件が増加しています。

また、企業のPR動画や広告動画案件の普及もあります。

1つの動画編集で、3万円程度の案件も多く存在します。

・事務作業

事務作業では主にデータ入力やアンケート調査など初心者でも気軽にできる作業があります。

ただ、誰でもできる作業になるため、1案件の単価は非常に低く、本業にするには尋常ではない数をこなす必要があります。

・その他

自宅でできる在宅ワークとして、ナレーションといった声を使った仕事や、ブロガー・YouTuberといったコンテンツ発信の仕事があります。

どれをとってもスキルや経験・知識また継続年数によって難易度は変わってきます。

基本的に稼ぎやすい在宅ワーク案件は、企業や個人から仕事を受注して、自分のスキル・知識を活かしたものが成果が出やすいです。

ブログやYouTubeといったコンテンツ発信は、成果が出るまで半年~1年以上がかかります。その期間は1円にもならないことも多いため非常に難易度が高めです。

「まとめ」

【在宅ワークの始め方】自宅で稼ぐための手順 まとめ

①現在の業務内容の洗い出し

→どの業務が在宅ワークでできるかのかをピックアップして、あらかじめ整理しておく

②パソコン機器環境を整える

→業務にもよりますが、仕事中は基本的にインターネット常時接続になるため、そういった環境に耐えうる設備を整える必要ある

③求人サイト登録

→初心者向きの案件や、在宅ワーク本業の方にとって、自宅にいながら”案件の受注”から”納品”まで行える

④仕事を受注・納品

→数件こなしていくうちに、きっと在宅ワークでの働き方に、徐々に慣れてくるでしょう

以上が、【在宅ワークの始め方】自宅で稼ぐための手順 になります。

これから在宅ワークで稼いでみたいと思う方は、現在の自分のスキルが在宅でも活かすことが可能かどうかを検討してみましょう。

ある程度の専門スキルや資格があれば、在宅ワークは十分に可能だと思っています。

なぜなら、チャットツールやTV電話を活用することで、ほぼ遅滞なく相手とのコミュニケーションが可能になりました。

また、インターネットを活用することで、商圏が全国各地に拡がることが大きなメリットになります。

逆を言えば、今後は発注者側も、全国にいる優秀な人材に在宅ワークで発注するようになるでしょう。

そうなると、従来通りの働き方での競争が激化していくことが予想できます。

そのため、今のうちから、在宅ワークでの働き方でのノウハウや実績を得ておいた方が、今後有利になると思います。

このブログでは、不動産投資をメインに、フリーランスとしての働き方、サラリーマンの副業などを実体験をもとに発信をしていきます。

この記事が参考になればうれしいです。

【在宅ワークの働き方】メリット・デメリット

【在宅ワークで月3万稼ぐ】サラリーマンにおすすめの副業11選