戸建て賃貸物件を安くで買う方法【結論は地道な情報収集】

不動産投資初心者

・不動産物件を安く買うには、どうしたらいいんだろうか?

・物件を安く買うには、具体的にどんな方法があるのか知りたいなぁ

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

戸建て賃貸物件を安くで買うことができれば、投資利回りが上がります。

不動産投資家であれば、誰でもなるべく安くで良い物件を買いたいと思います。

しかし、条件の良い物件は、基本的に金額が高く、なかなか購入することができないのが現実です。

私自身は、100万円で土地・建物を購入した経験があり、自宅も100万円で購入した物件をリフォームして快適に暮らしています。

100万円でボロ戸建て物件を買ってみた【戸建不動産投資家の体験談】

その経験から、「戸建て賃貸物件を安くで買う方法」を詳しく解説していきます。

「戸建て賃貸物件を安くで買う方法」

戸建て賃貸物件を安くで買う方法
  1. 空き家を直接交渉して買う
  2. 残材が残っている物件を買う
  3. 競売・任意売却物件を買う
  4. 他の人が買わない物件を買う

以上が、「戸建て賃貸物件を安くで買う方法」になります。

結論から言うと、裏技のような方法はなく、地道な情報収集が必要になります。

詳しく解説していきます。

「空き家を直接交渉して買う」

市場に出ていない空き家を、直接所有者に交渉をして購入する方法です。

この方法は、自分で空き家物件を探して、所有者を探す必要があります。

空き家を探す方法

・町を移動中意識して、空き家を見ておく

・自治会に空き家がないか、聞き込みにいく

・知り合いに、空き家がないかを聞いてみる

私は、町を移動していると気になる空き家をチェックするようにしています。

また、自分が生活するエリアの自治会に、空き家があれば教えてほしいと伝えてあります。

空き家を購入するには、空き家所有者に話をする必要はあります。

しかし、いざ空き家を見つけても、所有者がどこにいるか分かりません。

所有者を探す方法を解説します。

所有者を探す方法

・登記簿謄本を確認する

・隣近所に聞き込みにいく

・空き家の自治会に聞き込みにいく

地味な作業ですが、自分で調べて聞き込みにいきます。

いきなり所有者を見つけたからと言っても、直接所有者に連絡を取ると不安がられます。

もし、近所の方や自治会の方で紹介してもらえる方が、依頼した方が良いです。

空き家を直接買う場合、売り物件として市場に出ていない分、ライバルが少ないので、ある程度の言い値交渉も可能です。

戸建不動産を探すには”空き家バンク”を活用する方法【掘り出し物件もあり】

「残材が残っている物件を買う」

時々、売り物件では所有者の家財・動産などの残材物がそのままになっている物件があります。

その場合は、残材物をこちらで処分をするので、物件を買わせてくださいという交渉を行います。

買う側は家財処分業者にお願いをすれば撤去できますが、売主側は自分の家財でありなかなか処分ができないようです。

私が購入してきた物件でも、ほとんどの物件で安くで指値交渉をさせてもらった代わりに、残材処分はこちらで行うことにしました。

家財処分業者に依頼するとコストがかかるので、それが嫌な人は自分で処分することも可能です。

その場合は、家財処分として燃えるゴミ・不燃ゴミ・リサイクル品などを仕分けして、決まった処分方法に従い処分すれば良いです。

物件価格を”300万円値下げ”した方法【戸建不動産投資家が解説】

「競売・任意売却物件を買う」

競売・任意売却物件を買う方法が、安くで物件を手に入れることができます。

競売物件とは

競売とは、借金を返済することのできなくなった人が所有する物件を、裁判所が差押さえて一般に入札公募をして売却する物件です。

任意売却物件とは

住宅ローンなどの借入金が返済できなくなった場合、住宅ローンが残ってしまう不動産を金融機関の合意を得て売却する物件です。

債務者が関係してくるので、少し初心者にはハードルが高いかもしれません。

競売物件などは、うまく入札を落札したとしても、債務者が占拠し続けると言った話もあります。

その場合は、建物明け渡しの強制執行ができるので、法律に従った手続きが必要になります。

不動産業者でも、競売・任意売却物件で物件の仕入れに使うことがあります。

そのため、条件が良い物件に関しては、競合がいる場合があります。

私も競売物件を購入したことがあります。

その時は、実際の市場価格より、かなり安く手に入れることができました。

「他の人が買わない物件を買う」

物件を安く買えるということは、競合がいないということです。

つまり、他の人が買いたくない、もしくは買えない物件を買っていくしかありません。

物件を安く買うために必要なスキル

・情報力

・交渉力

・探索力

・コミュニケーション力

ある程度物件を安くで買うには、以上のようなスキルが必要になります。

初心者には、少しハードルが高いなと思います。

実際に私も初心者の頃は、全く何もわからないままに物件を買っていき、経験から学ぶことが多くありました。

まずは、小さく始めて、経験と実績を積んでいけば、徐々に物件を安く買える方法が分かってきます。

優良不動産物件の情報が手に入る方法【不動産屋さんとの関係性づくり】

「まとめ」

戸建て賃貸物件を安くで買う方法 まとめ

・空き家を直接交渉して買う

→自分の足で稼ぎ、所有者にアプローチをする。

コツとしては、空き家所有者の紹介から入ると話がしやすい

・残材が残っている物件を買う

→残材処分を購入する側が請け負うことで、その分指値交渉を行う

・競売・任意売却物件を買う

→債務者とのやりとりが必要な場合はハードルが上がります。

その分市場よりも安い物件を落札できる可能性があります。

・他の人が買わない物件を買う

→結論これにつきます。いかに市場の穴を見つけて、自分だけの価値を磨けるかが重要。

以上が、戸建て賃貸物件を安くで買う方法になります。

とはいえ、基本的には良い物件は安くでは買うことはできません。

自分の力で動き、交渉していくことが大切です。

このブログでは、不動産投資をメインに自分の実体験をもとに役に立つ情報発信をしていきます。

この記事を読んで参考になれば嬉しいです。

失敗しにくい戸建て賃貸を少額で始める方法【1棟目は総額200万円以下でした】

【ボロ戸建物件を低コスト再生】550万円で”夢のマイホーム”を手に入れた話