【向こうからくる不動産は全部クソ】戸建不動産投資で失敗しない方法

不動産投資に興味がある人

・不動産営業マンから物件情報を聞いたけど、本当に大丈夫かなぁ

・戸建て不動産投資で失敗しない方法はあるのだろうか?

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

不動産投資初心者にとって、不動産投資はハードルが高く、素人が参入すれば騙されるのではと心配になることがあると思います。

始めて物件を購入する時には、「大きなお金を支払って本当に大丈夫だろうか」「不動産屋に騙されていないだろうか」などと思いながら取引をしたことを思い出します。

不動産業界は非常に危険です。詐欺まがいの取引や素人がはめこまれる罠物件が存在します。

そこで今回は、「戸建不動産投資で失敗しない方法」という内容を詳しく解説していきたいと思います。

「戸建不動産投資で失敗しない方法」

「戸建不動産投資で失敗しない方法」

不動産投資で騙されないためには、向こうから来る情報を信用しすぎない。

自分で目で確かめ、具体的な数字を検討できるようにする

以上が、「戸建て不動産投資で失敗しない方法」になります。

詳しく解説していきます。

「向こうからくる不動産は全部クソ」

不動産投資の格言で「わざわざ向こうからくる不動産は全部クソ」という言葉があります。

今まで、実績のない初心者投資家へ優良な不動産情報が入ることは無いと知っておきましょう。

基本的に物件を紹介してくれる不動産屋は、優良不動産が出た場合過去に実績のある顧客から営業をかけていきます。

当然、過去に実績がある方が物件が売れる確率が高いからです。

わざわざ、実績のない初心者投資家へ物件を持ち込むということは、他の投資家が買わなかったあまりもの物件である可能性が高いです。

一部の物件はそうで無いかもしれませんが、基本的に向こうからくる不動産は良いものでないと思っているくらいがちょうどいいです。

不動産投資で失敗する人の特徴【あなただけの特別な情報を信じる人は騙されます】

「数字は改ざんされることもある」

2018年に起こったスルガ銀行不正融資事件。

銀行員が預金通帳などの改ざんを行い、貯金のない会社員などに不動産投資融資を行っていた事件。

本来では、銀行員が行ってはならない数字を改ざんする不正行為によって起こった事件です。

引用記事:週刊朝日 スルガ銀巡る不正融資 業者激白「私はこうして通帳を改ざんした」

この事件から、本来融資が通るはずのない不動産初心者が事件に巻き込まれる可能性も十分ありうると言うことです。

不動産投資には、様々なお金にまつわる数字を検討することになります。

その数字は、何を根拠にどこから出てきた数字でしょうか?

業者や自分以外から出てきた数字であれば、必ず検討するようにしましょう。

「戸建て不動産投資で失敗しない方法」

失敗しない物件と判断する方法を解説していきます。

戸建不動産投資で失敗しない方法

・必ず自分の目で確かめて判断をする

・数字に根拠を持つ

・小さな失敗を想定しておく

・必ず自分の目で確かめて判断をする

まず不動産投資の場合、判断を必ず他人に任せないようにしましょう。

必ず、物件や書類は自分の目で確かめて判断をすることは、基礎中の基礎です。

不動産業者からクソ物件をつかまされても、実際に売買した当事者の責任になることもあります。

通帳偽造が行われていて、不動産投資で不利益を被ったとしても、弁済してくれる保証はありません。

あくまで投資は、自己責任になります。

厳しいですが、投資の世界では誰も助けてくれません。

【アルヒ】投資用融資で書類改ざんで日経新聞が報道 |不動産投資初心者は恐怖

・数字に根拠を持つ

不動産投資では、様々な数字を確認することになります。

戸建不動産投資で確認すべき数字

・物件価格

・家賃設定

・利回り設定

・経費コスト

・リフォーム費用

・修繕メンテナンス費用

これらの数字がどこから出てきて、どの程度信用ができるのか、数字の裏にある根拠をとることが重要です。

”利益が出る”優良戸建物件の5つの特徴【戸建不動産投資家が解説】

・小さな失敗を想定しておく

失敗の定義は、自分の想定外の損害を被ることです。

つまり、ある程度の小さな失敗を想定していれば、それらを織り込んだ結果になるように計画します。

例えば、家賃の値下がり率20%までなら耐えることができる、リフォーム費用が50万円増えてもキャッシュフローが出るといった想定です。

あらかじめ最悪の失敗を想定して、最悪の時にどうしても自分のリスク許容範囲に耐えることができないのであれば、その投資は諦めます。

逆に、最悪の失敗でも耐えることができるのであれば、可能性があるということになります。

良い・普通・最悪といたパターンを想定しておき、いずれにせよ対応できるようにしておくことがリスク対策になると思っています。

「まとめ」

戸建て不動産投資で失敗しない方法 まとめ

・必ず自分の目で確かめて判断をする

→あくまで投資は、自己責任になります。厳しいですが、投資の世界では誰も助けてくれません。

・数字に根拠を持つ

→数字がどこから出てきて、どの程度信用ができるのか、数字の裏にある根拠をとることが重要

・小さな失敗を想定しておく

→小さな失敗を想定していれば、それらを織り込んだ結果になるように計画できる。

以上が、「戸建不動産投資で失敗しない方法」になります。

今回の内容は、不動産業界の闇を紹介しました。

金額が大きいので一瞬で負債を負う可能性も十分にあり得ます。

投資は、最後は自己責任の世界です。

誰もが自分は大丈夫と思っているとカモにされる業界なので、自分を守れるのは自分しかいないと思うくらいが丁度いいですね。

このブログでは、不動産投資をメインに自分の実体験をもとに役に立つ情報発信をしていきます。

この記事を読んで参考になれば嬉しいです。

【損失あり】戸建て不動産投資 失敗事例ベスト5を公開

戸建不動産投資で失敗を回避する方法【やり方はシンプル】