戸建不動産を探すには”空き家バンク”を活用する方法【掘り出し物件もあり】

こんな方におすすめ

・空き家バンクってなんだろう?

・戸建不動産投資で、掘り出し物件を探したいなぁ

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在8棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

皆さんは「空き家バンク」という制度をご存知でしょうか?

私も空き家バンクから戸建て不動産を見つけたことがあります。

通常の不動産サイトでは競合がひしめき合う中で、空き家バンクから情報を得ている方はまだまだ少ないはずです。

今回は、「空き家バンク」という制度を利用して戸建て不動産を探す方法を解説していきます。

「空き家バンクとは」

「空き家バンク」とは、空き家の賃貸・売却を希望する所有者から提供された情報を集約し、空き家をこれから利用・活用したいとお考えの方に紹介する制度です。

空き家の有効活用を通して「地域内外の住民交流の拡大」および「定住促進による地域の活性化」を推進することを目的とし、全国各地の自治体が取り組みを進めています。

上記の引用にあるように、空き家バンクとは、「空き家の有効活用」と「定住促進を目的」として全国の自治体が取り組んでいる制度のことです。

私が住む市でも数年前から始まり、市内の空き家情報がまとめられています。

うちの市町では、市が空き家バンクで情報を発信を行い、不動産契約の際には地元の不動産業者が仲介に入る仕組みになっています。

これは宅建業法上、不動産契約には宅地建物取引士でなくては契約の仲介ができないため、あくまでも行政は空き家情報の窓口をしているだけになります。

「空き家バンクには、どんな物件が掲載されているのか?」

基本的には、空き家バンクの名前の通り「空き家」が掲載されています。

空き家バンクでは、「戸建ての空き家物件」が紹介されているので、戸建て物件の情報を知るのには非常に便利です。

空き家バンクのメリット

空き家バンクのメリット

・相場が分かりやすい

物件の情報が多いため、物件通しの比較見当がしやすいです。

他の物件と比べることができるので、物件の相場が見えやすいです。

・行政の情報なので信頼できる

基本的には、窓口が行政の情報になります。

そのため詐欺物件が紛れている可能性は極めて低いです。

・補助金が使用できる

大抵の場合、空き家バンクに掲載されている物件には補助金が使えます。

私の住む町では、移住者が空き家に住む場合、改修費の一部の補助金が出ます。

・地域の課題解決になる

地域の空き家問題の解説政策として空き家バンクができました。

空き家バンクを活用することで、地域の貢献になり得ます。

空き家バンクのデメリット

空き家バンクのデメリット

・築古物件が多い

基本的には空き家なので、築古物件しかありません。

・詳しい情報は掲載されていない

行政はあくまで窓口であり、直接は不動産屋からしか詳しい物件情報を聞くことはできません

「空き家バンクで掘り出し物件も見つかる!?」

空き家バンクには、不動産屋のサイトには紹介されていない情報が掲載されていることもあり、掘り出し物件を見つけることもあります。

2019年に購入した戸建て物件は、空き家バンクの情報から購入しました。

物件価格200万 リフォーム費用は100万を掛けて、家賃4.8万円(表面利回19%)で賃貸中です。

この物件の良かったことは、入居者の方がIターン者だったこともあり、移住促進の補助金を使い、水回りを自らリフォームしてくれました。

さらに一番良かったことは、移住者が空き家バンク掲載物件に対して、補助金を使用すると10年間は引っ越しできない誓約がつきます。

つまり、10年間の入居が確定します。不動産投資である最大の空室リスクが10年間担保されるのは非常に大きいことです。

空き家バンク移住促進補助制度

・入居者費用負担でリフォームを行ってくれる

・補助金を使用すると、入居者は10年間引っ越しできない

この制度は私が住む市町村内での補助金です。他の地域であるかどうかは管轄の行政に問い合わせてみてください。

「まとめ」

まとめ

空き家バンクは、「空き家の有効活用」と「定住促進を目的」とした行政の制度である。

掲載されている情報は、戸建ての空き家物件になります。

たまに、掘り出し物件が出てくることもある。

空き家バンクをたまに閲覧すると不動産屋のサイトには載っているない物件が出てくることがあります。

戸建て不動産投資をしたい方は、投資エリアの空き家バンクがあれば閲覧する価値はあると思いますので一度チェックしてみてください。

空き家の利活用でお困りの方は、その空き家を売却してみませんか?

不動産売却をしたいユーザーと不動産会社をマッチングさせる一括査定サービスです。
一般的な所有権の不動産に限らず、借地権、底地、再建築不可、事故物件、任意売却、
空き家、共有持分、立退き物件など【お困り不動産】といわれる、売却しづらい不動産にも着目し、
不動産会社とマッチングさせる今までの一括査定サイトには無い仕組みとなっています。