在宅ワークに必要なスキルを紹介【効率的に家で働く方法】

在宅ワークをやってみたい方

・在宅ワークを始めてみたいけど、必要なスキルってなんだろう

・自宅で在宅ワークしたいけど、効率よく家で働く方法が知りたいなあ

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

在宅ワークで、フリーランスをしながら不動産投資を行っています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

コロナウィルスの影響で、外出自粛や働き方の変革によって、少しずつ在宅ワークが一般化し始めています。

ただ、在宅ワークを今まで経験がない方はを、どのようにして在宅ワークを始めたら良いのか分からず不安かと思います。

実際に、私も在宅ワークを行ってみて、在宅ワークを始めるにはいくつか必要なスキルがあることに気づきました。

そして、それらのスキルを磨くことで、会社で仕事を行うのこと以上にパフォーマンスを出すことも可能かと思っています。

そこで今回は、 在宅ワークに必要なスキルを紹介【効率的に家で働く方法】を詳しく解説していきます。

これから在宅ワークを始める方に向けて、「在宅ワークで必要なスキル」「効率的に家で働く方法」などを紹介していきます。

この記事を読むメリット

・在宅ワークを始めてみたい方へ、必要な心構えやスキルが理解できます。

・効率的に、自宅で働く方法が分かります。

在宅ワークに必要なスキルを紹介【効率的に家で働く方法】

「在宅ワークで必要なスキル」
  • ITスキル
  • コミュニケーション
  • 情報収集
  • 自己管理能力 
  • スケジュール管理

以上が、「在宅ワークで必要なスキル」になります。

詳しく解説していきます。

ここでは、一般的な企業の事務職・営業職を想定しています。

高度な専門職は別途スキルが必要でしょう。

・ITスキル

ITスキルといっても、高度なスキルは必要ありません。

最低限での在宅ワークができるITスキルがあれば十分です。

在宅ワークで必要なITスキル

・一般的なPC操作

・クラウドサービス(ストレージなど)の活用

・自宅のWifi通信設定

・チャットツール、テレビ電話接続

以上のITスキルがあれば、最低限での在宅ワークは可能になります。

企業であれば、独自のクラウドサービスやチャットツール・テレビ電話を用意してくれることもあるでしょう。

個人で行うのであれば、クラウドサービスは「Dropbox」や「Googleストレージ」が、チャットツールは、「Slack」や「Chatwork」や「Zoom」がお勧めです。

・コミュニケーション

在宅ワークとはいえ、顧客や会社の同僚・上司とのコミュニケーションは不可欠です。

会社で仕事を行っているとき以上に、コミュニケーションに関しては気をつける必要があります。

質問や相談事があっても、会社にいればすぐに直接聞くことができましたが、在宅ワークではそうはいきません。

慣れないチャットツールやテレビ電話では、なかなかうまくコミュニケーションをとることができないです。

そこで、通常のコミュニケーションとは別に、独自の在宅ワークでのルールを決めておいた方が良いでしょう。

例えば、チャットツールはプロジェクトごとに分けて、そのプロジェクトの話に絞った話が飛び交う場所にする。

そうすることで、チャットツール上での会話の混乱を避けます。

また、相手に質問がある場合には、あらかじめ質問を文字で送っておき、決められた時間にテレビ電話等で一気に回答をお願いしましょう。

その理由は、毎回質問があるごとに確認をしていると相手も疲弊するからです。

在宅ワークにおいても、相手のことを考えることは非常に重要です。

自分勝手にチャットツールやテレビ電話し続けると、相手の時間を奪うことになります。

そういった相手に配慮する意味では、顔は見えませんが、会社で仕事をこなうことをそんなに変わりありません。

・情報収集

在宅ワークでは、情報収集が大切です。なぜなら自宅にいると新鮮な情報が入ってこないからです。

そのため、自ら情報を掴みに行く必要があります。

情報を得るには、ニュースだけでなく、SNSの活用も必要です。

SNSの場合リアルタイムでの情報が飛び交うので、非常に便利です。

在宅ワークを行うのであれば、家にいるだけでは入手できない情報も、自ら取りに行く必要があります。

・自己管理能力 

在宅ワークで重要なのは、仕事とプライベートを切り分ける自己管理能力です。

どうしても、自宅で仕事をしているとダラダラしがちですが、その分仕事は進みません。

今まで、会社に出勤することで、ある意味では仕事の自己管理を会社任せていましたが、在宅ワークでは自分で行う必要があります。

そのため、自己管理能力は必須のスキルになってきます。

どうしても、自己管理ができないという方にお勧めな方法が2つあります。

①時間を決めて仕事を行う②仕事を行う場所を作るです。

①時間を決めて仕事を行うことで、会社と出勤をしている時と同じく、その時間内はとにかく仕事に集中をします。

②仕事を行う場所を作ることで、作業に集中できる場所を作りましょう。その場所の周辺には、テレビ・ゲーム・漫画などが目につかない場所がお勧めです。

・スケジュール管理

在宅ワークでは、自宅にいると見えにくい、プロジェクトのスケジュール管理をしっかりと行う必要があります。

上記で紹介した、チャットツールやクラウドサービスを活用して、プロジェクトメンバーと常にスケジュール共有しながら行うことが重要です。

自宅にいると、スケジュール感覚が鈍くなりがちですが、その分具体的なタスク管理やスケジュール管理を行う必要があります。

以上が、「在宅ワークで必要なスキル」になります。

今まで会社で働いている分には必要のないことを行うため、その分多少の負荷がかかってくるかとは思います。

ただ、慣れてしまうと、そんなに難しいことではありません。

誰しもがやったことのない在宅ワークは不安です。

やりながら改善していくことで、徐々に自宅での仕事ができる環境が整ってくるでしょう。

「在宅ワークで稼ぐスキル」

在宅ワークをきっかけに自宅で主として仕事をしたい方向けに、在宅ワークでも稼げるスキルを解説していきます。

在宅ワークで稼ぐスキル

・プログラミング

・Webライティング

・動画編集

・デザイン

・プログラミング

アプリ開発・ウェブサービス・サイト制作などIT業界で必要となるプログラミングの仕事です。

プログラミングの仕事は付加価値が高く、非常に高単価なことが特徴です。

一般的なウェブサイト制作でも20万円以上の案件も多く、在宅ワークでもっとも稼げる仕事の一つです。

・Webライティング

Webライティングは、記事作成・広告・文章構成が主な仕事になります。

ライティングは1案件を文字数×0.1~1円程度で発注が行われます。

実績がつけば単価もアップしてくるため、文章を書くことが得意な方にはお勧めです。

・動画編集

YouTubeや動画広告の普及により、動画の需要が高まっています。

動画を作るには、撮るだけでなく編集する必要があります。それを動画編集と言います。

動画編集の難易度はそれほど高くありません。慣れると比較的簡単に行うことができます。

編集単価は1本あたり1万円程度です。在宅ワークを副業にするには初心者にもおすすめのスキルです。

・デザイン

グラフィック・イラスト・広告などデザインについては幅広い仕事があります。

デザイン従来から存在していたため競合は多く、単価も比較的安いことが特徴です。

取引先を増やし、徐々に案件を増やしていけば、在宅ワークでも十分に稼ぐことが可能です。

こちらの記事では、在宅ワークにおすすめのエージェントサイトを紹介しています。

【在宅ワーカー向け】副業を始めるおすすめサイト4選

「まとめ」

「在宅ワークで必要なスキル まとめ」

・ITスキル

→最低限での在宅ワークができるITスキルがあれば十分

・コミュニケーション

→会社で仕事を行っているとき以上に、コミュニケーションに関しては気をつける必要がある

・情報収集

→在宅ワークを行うのであれば、家にいるだけでは入手できない情報も、自ら取りに行く必要がある

・自己管理能力 

→在宅ワークで重要なのは、仕事とプライベートを切り分ける自己管理能力が必須

・スケジュール管理

→自宅にいると、スケジュール感覚が鈍くなりがちですが、その分具体的なタスク管理やスケジュール管理を行う必要がある

以上が、 在宅ワークに必要なスキルを紹介【効率的に家で働く方法】 になります。

今後は、在宅ワークをきっかけに大きな働き方の変革があると予想できます。

従来の雇用体制や会社に出勤することは少なくなるではないでしょうか?むしろ個人のスキルを活かして働かないと付加価値がうめない環境になりつつあります。

このコロナウィルスをきっかけに、新たな働き方に対応できるように前もって準備をしておくことが大切になります。

このブログでは、不動産投資をメインに、フリーランスとしての働き方、サラリーマンの副業などを私の実体験をもとに発信をしていきます。

この記事が参考になればうれしいです。

【在宅ワーク】会社でバレずに副業を行う方法

【在宅ワークで月3万稼ぐ】サラリーマンにおすすめの副業11選