【在宅ワークで月3万稼ぐ】サラリーマンにおすすめの副業11選

在宅ワークを求めるサラリーマン

・在宅ワークで何か副業を始めてみたいけど、おすすめの仕事があるのかな

・サラリーマンの本業での収入が減りそうだから、在宅ワークで副業を始めたいなぁ

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

普段このブログでは、不動産投資を中心とした情報発信をしています。

読者の方の中には、サラリーマンをしながら、不動産投資を副業にされている方も多いと思います。

大手企業の早期退職問題や老後年金2000万円不足問題など、サラリーマンの給与のみでは将来の不安が大いにあると思います。

また、コロナによりサラリーマンの本業である給与が減り、その分の在宅ワークにて副収入がないと生活が苦しくなるといった方が増えてきています。

私自身、サラリーマン時代だった頃の2015年に、サラリーマンのみの給与では将来が不安だと感じていました。

そして、不動産投資を副業に選び、給与手取り17万円でありながら、月7万円ほどの副収入を得ていました。

そこで今回は、「サラリーマンにおすすめの副業11選 」を詳しく解説していきます。

在宅ワークを行い、サラリーマンの副業で月3万円を稼ぐことができる仕事を紹介しています。

月3万では、少なすぎると言われそうですが、今回紹介する手法の”延長”に「月10万円」や「月50万円以上」の副業収入のヒントがあります。

自分の実体験をもとに解説していきます。ぜひ、参考にしてもらえると嬉しいです。

「【在宅ワークで月3万稼ぐ】サラリーマンにおすすめの副業11選 」

サラリーマンにおすすめの副業11選
  • グラフィックデザイン
  • LINEスタンプ
  • 動画編集
  • ライティング
  • 物販
  • ブログ
  • YouTube
  • note
  • せどり(転売)
  • 民泊
  • 不動産賃貸業

以上が、「サラリーマンにおすすめの副業11選 」になります。

副業として始めるにあたって、必要なもの別の3分類「スキル」「体験・実績」「初期費用」に分けて解説していきます。

☆☆☆で、月3万円を稼ぐ難易度を示しています。

☆・・・・努力・スキルが必要ではあるが比較的簡単

☆☆・・・努力・スキルが必要

☆☆☆・・努力・スキル・センス・運が必要

あくまで、目安程度にお考えください。

「まず在宅ワークにはパソコンが必須です」

まず最初にお伝えしたいのは、在宅ワークを始めるには、パソコンは必須になります。

スマホだけでもできなくはないですが、パソコンがなければ、作業ペースは格段に落ちてしまいます。

ハイスペックのパソコンは必要ありませんが、副業として作業に支障のない程度のスペックを持ったパソコンを用意することをお勧めします。

おすすめのスペック
  • CPU Intel Core i5以上
  • メモリ 8GB以上
  • ストレージ SSD256GB以上

この程度のPCスペックがあれば、大抵の作業はスムーズに操作可能です。

私のお勧めパソコンはこちらです。おすすめスペックが網羅しています。

在宅ワークでは、パソコンを使っての作業がメインになります。

そのため、Wifi環境や印刷機器といった複合機の手配も必須になります。

必要な設備
  • マイクロオフィス
  • 無線LANルーター
  • 複合機

おすすめの無線LANルーターは、こちらです。

おすすめの複合機は、こちらです。

「スキルを活かす副業」

ここでは、”スキル”を活かした副業について、解説していきます。

スキルを活かした副業
  • グラフィックデザイン ☆☆
  • LINEスタンプ ☆☆☆
  • 動画編集 ☆
  • ライティング ☆
  • 物販 ☆☆

・グラフィックデザイン ☆☆

グラフィックデザインは、紙媒体やホームページなどのグラフィックに関わるデザインの仕事です。

最近だと、「アイコン似顔絵」「書籍の挿絵」「YouTubeサムネイル画像」などもグラフィックデザインの仕事は多岐に渡ります。

自分の強みを活かしたデザインで売り出せば、仕事の依頼は途切れにくいです。

スキルがあれば、案件によっては1本で3万円を狙える仕事になります。

しかし、デザインセンスも問われるので、誰でもできる仕事ではありません。

必要なツール

・パソコン

・グラフィックデザインソフト

・LINEスタンプ ☆☆☆

LINEスタンプは、皆さんご存知チャットツールのLINEのスタンプをデザインする仕事です。

誰もが使いたくなるような愛嬌あるキャラクターデザインセンスが必要になります。

LINEスタンプ自体の制作は比較的簡単ですが、月3万円の難易度は高めです。

その理由は、参入が比較的簡単なこと、また認知度が高いこともあり、競合の数が多く存在するからです。

うちの妻がLINEスタンプをいくつか作りリリースしていましたが、無名では誰の目にも止まりませんでした。

キャラクターデザインが、得意な方向けの副業になります。

必要なツール

・パソコンorスマホ

・グラフィックデザインソフト

・動画編集 ☆

動画編集とは、YouTubeでの動画需要が高まってきた背景から、撮影した動画を視聴者向けに編集する仕事のことです。

撮りっぱなしの動画素材を、編集ソフトを使いつなぎ合わせて、視聴画が閲覧しやすいようにテロップやBGMを挿入します。

動画編集の作業自体は、ある程度慣れてくると誰でも簡単にできます。

編集スキルにもよりますが、案件自体は1編集5千~2万円程度です。

今最も手軽に始められる副業として注目されています。

必要なツール

・パソコン

・動画編集ソフト

・ライティング ☆

ライティングとは、取材を行い情報発信のためのテキストを作成する仕事です。

ブログの代筆や情報発信として、非常に需要が高い仕事になります。

ライティングは、1文字あたりの単価で案件発注が行われます。

ライティングの仕事にもよりますが、1文字あたり0.1~1円程度が相場になります。

ライティングスキルが上がれば、文字数単価ではなく、1本1~3万円程度の案件もあります。

必要なツール

・パソコン

・物販 ☆☆

自分のハンドメイド商品を、BASE・メルカリ・ラクマといったフリマアプリを活かして販売する仕事です。

物にあふれる時代に、世界に一つしかないアクセサリーや衣服などを求める層は、多く非常に需要の高い副業です。

ハンドメイド商品になると、製作するスキルと時間が必要です。

また材料の仕入れや配送の経費もかかってくるため、低単価商品を扱うのであれば、副業で月3万円は比較難易度は高めでしょう。

必要なツール

・ハンドメイドに必要な道具

・パソコンorスマホ

”スキル”を活かした副業では、”ココナラ”がおすすめ

在宅ワークで自分のスキルを活かしたいなら、スキルのフリマ”ココナラ”がおすすめです。

ココナラとは

クリエイターへの制作依頼から個人のお悩み解決までできる、『スキルのオンラインマーケット』

インターネット上で、仕事の依頼や発注が手軽にできるので、服表にはお勧めです。

ココナラで活かせるスキル

《似顔絵・イラスト・漫画》

《デザイン》

《ライティング・ネーミング》

《Webサイト制作・Webデザイン》

《音楽・ナレーション》

《翻訳・語学》

《動画・写真・画像》

《IT・プログラミング》

ココナラで制作発注するメリット
  • 検討や依頼から納品まで、”すべてネット”で完結
  • 制作サンプルやレビューが掲載されているので”比較が簡単”
  • 個人やフリーランスと”直接取り引き”できるので業者と比べてお得

スキルのフリマ“ココナラ”へはこちらから

「体験・実績を活かした副業」

ここでは、”体験・実績”を活かした副業について、解説していきます。

体験・実績を活かした副業
  • ブログ ☆☆
  • YouTube ☆☆☆
  • note ☆

・ブログ ☆☆

ブログとは、日記のようなイメージがありますが、実際はブログ運営者が情報発信を行うメディアの仕事になります。

私もブログを運営しており、日々読者さんへ役立つ情報発信を行っています。

ブログの収益化のメインは、広告になります。一定数の読者さんを集めて、適宜広告や商品リンクを貼ることでブログ運営者に広告料が支払われます。

ただ、読者さんを集めるには、それなりの集客が必要になります。

特に、月3万円を目指すには最低でも半年~一年以上かかると思った方が良いでしょう。

必要なツール

・パソコン

・YouTube ☆☆☆

近年、ユーチューバーという職業が出始めましたが、YouTubeに動画コンテンツをアップし、再生回数によって広告収入を方法です。

人気ユーチューバーになると、数十〜数千万円といった広告収入を上げることが可能になります。

ただ、YouTubeの収益化の壁は高く、月3万円のハードルは非常に高いです。

収益化の条件として、①チャンネル登録者数1,000名以上、②過去12か月の動画再生時間4,000時間以上となります。

無名でYouTubeを始めても、ほぼ再生数を稼ぐことはできません。

地道な動画の積み重ねと視聴者が満足できるコンテンツ制作のスキルが必要になります。

必要なツール

・パソコン

・動画編集ソフト

・撮影機材(カメラ・マイク・照明など)

・note ☆

noteとは文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品コンテンツを配信するウェブサイトのことです。

noteの特徴は、文章、写真、イラスト、音楽、映像などの有料作品コンテンツとして販売できることです。

自分のノウハウや作品を作り、気に入ってくれた方が購入してもらえるプラットフォームになります。

私自身も、自らの体験談やスキルを活かしたノウハウの販売を行い、月3万円を達成したことがあります。

需要のあるコトであれば、作品コンテンツにできるスキルがあれば、副業として手軽に始められます。

必要なツール

・パソコン

「初期費用が必要な副業」

ここでは、”初期費用”が必要な副業について、解説していきます。

初期費用が必要な副業
  • せどり(転売) ☆☆
  • 民泊 ☆☆
  • 不動産賃貸業 ☆☆

・せどり(転売) ☆☆

せどりとは、自ら商品を安くで仕入れて、高くで売る転売のことを言います。

せどりには、「仕入ルート」と「販売ルート」の確保で全てが決まる副業です。

仕入ルートには、実際の店舗で仕入れることと、インターネット上のオークションサイトやセールで仕入れる方法があります。

販売はルートは、Amazonやメルカリといった場所でなるべく高値で販売を行います。

例えば、自ら8,000円で仕入れたものを10,000円で販売できれば、2,000円の収入になります。(送料は別途かかります)

せどり=違法というイメージを持たれている方もいるかと思いますが、実際には全てのケースが当てはまるわけではありません。

お店の商品規約や悪質性や法律に違反する者が対象になります。せどりを行う際には十分に確認してから、自己責任で行ってください。

せどりを行うには、商品を仕入れるための資金が必要になります。

もしも、自分が想定していた価格よりも安くでしか販売できなかった場合には、その分のマイナス収支になるので、リスクはあります。

必要なツール

・パソコン

・せどりツール

・民泊 ☆☆

民泊は、自宅での宿泊業を営むことを言います。

食事付きの場合には、営業許可の取れたキッチン設備が必要になるため、初期投資にはお金がかかります。

素泊まりであれば、民泊法で決められた定めに則った住宅設備が必要になります。

集客方法は、独自のホームページやAirbnbといった民泊サイトを活用するのもありでしょう。

人気民泊ホストになれば、収入も上がります。月3万円以上の副業も十分に可能です。

必要なツール

・パソコン

・民泊施設(自宅の一部でも可)

・不動産賃貸業 ☆☆

当ブログで紹介している不動産賃貸業は、ほとんどの業務を外注化できるため、在宅ワークは可能です。

不動産オーナーとなり賃貸収入を得る副業です。

元手が最低300万円程度は必要になるので、参入障壁は高めの副業になります。

ただ、月3万円程度であれば、戸建て物件1棟購入すれば達成可能です。

収益物件の運営になるので、空室リスクがあります。空室の場合には、収益は0円になります。

【保存版】戸建て不動産投資の始め方【完全初心者向け】

必要なツール

・パソコン

・不動産

「在宅ワーク副業で成果を出す方法」

在宅ワークで副業を行う際に、なかなか成果が出にくいという方は、副業に対するマインドができていない可能性があります。

ここでは、「在宅ワーク副業で成果を出す方法」を解説していきます。

在宅ワーク副業で成果を出す

①副業は起業と同じ

②目標をしっかりと持つ

③毎日コツコツと継続する

①副業は起業と同じ

副業だからと言って、「毎日5分スマホをポチるだけでお手軽収入」ということは、決してありません。

なぜなら、発注者側としては、副業であろうが本業であろうが、仕事を頼んだことには変わりがありません。

つまり、副業で収入を得るには、それだけの対価となる商品・サービスが必要になります。

副業だからといって、手を抜いたり、簡単に稼げるといったスタンスではいつまで経っても稼ぐことはできないでしょう。

②目標をしっかりと持つ

副業を頑張りたいのであれば、目標をしっかりと立てることが大切です。

その目標から逆算で、日々の行動計画を立てることができます。

例えば、副業で月3万円を稼ぎたいのであれば、どの分野でどの程度の仕事を選ぶべば良いかが見えてきます。

③毎日コツコツと継続する

目標が決まれば、あとは毎日継続をすることが大切です。

副業といっても、起業と同じといったように、いきなり収益化することは、なかなかありません。

まずは継続を続けて、信用を積みかさせることで、副業も目標達成に近づいていきます。

「まとめ」

サラリーマンにおすすめの副業11選
  • グラフィックデザイン
  • LINEスタンプ
  • 動画編集
  • ライティング
  • 物販
  • ブログ
  • YouTube
  • note
  • せどり(転売)
  • 民泊
  • 不動産賃貸業

以上、「サラリーマンにおすすめの副業11選 」になります。

副業では、自分のスキルにあったことや好きなことで挑戦するのが稼ぐための近道です。

特に「スキルを活かした副業」では、即金性も高いことから初月で月3万円以上を稼ぐことも十分に可能になります。

逆に、「体験・実績を活かす副業」については、ノウハウの蓄積が必要になるので、半年〜1年以上の長期スパンで考えましょう。

また、「初期費用が必要な副業」については、事業性が高まることから一気にリスクが増します。

事業が安定し出すと一定の収益が見込めますが、しっかりとした事業計画が必要になります。

以上のことを検討した上で、あなたにあった副業ライフを楽しみながら、稼いでもらいたいと願います。

このブログでは、不動産投資をメインに、フリーランスとしての働き方、サラリーマンの副業などを実体験をもとに発信をしていきます。この記事が参考になればうれしいです。

【サラリーマン副業のため】不動産投資を始める時間を作る方法

サラリーマンが中古戸建不動産投資で月5万円を得る方法【副業の手順を解説】