【不動産屋に嫌われる行動】自ら不動産投資を失敗しやすくしている可能性があります

不動産投資初心者

・不動産屋さんから、情報がもらえないのはなぜだろう?

・いい物件が、買えないのはなぜだろう?

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

不動産投資を成功させるのに大事になってくるのが、不動産屋さんとの信頼関係です。

逆に不動産屋さんに嫌われると、物件の取引に影響が出てしまい、投資失敗といった結果になる可能性があります。

そこで、今回は【不動産屋に嫌われる行動】を詳しく解説して、どのような行動をすれば取引成功するのかを検討していきます。

不動産屋に嫌われる行動とは

不動産屋に嫌われる行動

・嘘や約束を守らない

・高圧的な態度をとる

・仲介手数料を値引き交渉をする

・指値をしてキャンセルをする

・細かいことにこだわる

不動産投資では、”物件を購入すること”は投資の成功を決定づける重要なポイントになります。

物件を購入するには、不動産屋さんの仲介が成功の鍵になります。

【不動産屋に嫌われる行動】を知っておき、その逆の行動をとることを意識づけしましょう。

・約束を守らない

不動産取引を行うには、不動産屋さんへの信頼関係が大切です。

大きな金額を取引するのですから、お互いが信頼していないと取引は円滑に進みません。

いきなり信頼関係を築くのは難しいです。

どんな小さな事でも、必ず約束を守ることが信頼関係を作る第一歩だと思っています。

例えば、内覧時の約束の時間を守る、必要な書類の手配を期日通り提出するなどといったことです。

そのような小さな約束を守れない場合、信用できないお客と見られる可能性が高いので、注意が必要です。

逆に、必ず約束を守るお客と認識してもらえれば、信頼のある関係性が築けて、取引がうまく円滑にいきやすいです。

・高圧的な態度をとる

不動産屋さんに対して高圧な態度をとると、悪印象を与えることになります。

相手も人ですから、紳士的な対応ほど良い関係性が築きやすいものです。

上から目線の発言や命令口調は、相手にとっていい気分に思われません。

できるだけ丁寧にかつ論理的に話を進めることで、不動産屋さんが仕事をしやすい相手だと認識してもらうことが、ベストです。

・仲介手数料を値引き交渉をする

たまに、仲介手数料の値引きを言われる方がいますが、これは絶対にしない方が良いでしょう。

なぜなら、不動産の仲介手数料というものは、一律決まっているからです。

しかも、不動産屋さんにとっては、仲介手数料こそ取引の一番の報酬です。

そこを、値引きするということは、取引自体にケチをつけることに等しいことです。

理由なき値引きは、嫌われる原因になります。

値引きをしてもらって目の前の微々たる利益を得るよりも、不動産屋さんとの良好な関係を築き、今後の長いお付き合いの方が、大きな利益につながると思います。

物件価格を”300万円値下げ”した方法【戸建不動産投資家が解説】

・指値をしてキャンセルをする

指値をするということは、基本的には買う意思を表明することです。

不動産屋さんにとっても、指値の金額で売主に交渉を行うわけですから、買ってもらえる前提で交渉を進めてくれます。

そのため、指値を入れてからのキャンセルは、取引キャンセルになるわけですから、不動産屋さんとしては印象を悪くします。

そうして、一度キャンセルをしてしまうと、次の物件の指値でもキャンセルをするのではないかと思われ、真剣に取り合ってもらえない可能性があります。

指値を入れるのであれば、買う気で言うが原則です。

買い気のない指値は、ただの冷やかしだと認識しておきましょう。

・細かいことにこだわる

取引の内容や物件の状態などに、細かいことにこだわるお客も嫌われる原因です。

大抵の場合、細かいことにこだわりを持ち出すと、本質的な取引の重要性を見失うことになります。

取引の重要性とは

・不動産売買を円滑にかつ正確に行うこと。

・売主、買主がお互い誠意を持って取引すること。

上記の2点を守れる取引であれば、細かい情報にケチをつけても仕方ありません。

取引は、自分のこだわりよりも、いかに相手と上手く取引できるかが大切です。

「不動産屋さんから好かれると良い点」

上記では、不動産屋さんから嫌われる行動を紹介しました。

私は常に嫌われるとは、逆の行動をとるように心がけています。

その行動によって、よかった点を紹介していきます。

不動産屋さんから好かれると良い点

・川上の情報を流してくれる

・物件の客付けを優先的に紹介してくれる

・きわどい指値の交渉をしてくれる

・売買契約を円滑におこなってくれる

これは今まで、私に対して不動産屋さんがしてくれた実体験です。

不動産投資を始めて5年目。

信頼の積み重ねによって、毎回とても良い取引を行えるので、不動産屋さんには感謝しています。

まとめ

以上、「不動産屋に嫌われる行動」を解説してきました。

まとめ

不動産投資において、物件売買は成功を左右する大きな要因。

その取引を取り仕切る不動産屋さんに嫌われると、不動産投資にも影響が出る。

不動産屋さんに信頼してもらい、良い取引ができるように、お客側としても努力が必要。

不動産の取引は、あくまで人対人です。

お互いに気持ちの良い取引を行うことが、不動産投資成功の鍵だと思います。

この記事が、参考になれば嬉しいです。

不動産投資に興味がある方は、まずは不動産業界に転職をして経験を積むのもありです。