不動産投資は1棟目が大切な理由【どんな物件を買うべきか】

不動産投資に興味がある人

・不動産投資を始めたいけど、どんな物件を買えば良いのだろうか?

・不動産投資に興味があるけど、どうしたらいいか分からない

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

不動産投資において、投資家となる記念すべき1棟目は、今でも忘れることができない経験です。

実際に2015年より不動産投資を始めてみて、1棟目がいかに重要であったのか、後からわかるようになってきました。

失敗しにくい戸建て賃貸を少額で始める方法【1棟目は総額200万円以下でした】

不動産投資初心者にとっては、”1棟目は右も左もわからないこと”かと思います。

当時の私も、まったく同じでした。

そこで今回は、「不動産投資は1棟目が大切な理由」を詳しく解説していきます。

なぜ1棟目が大切かを知ることにより、今後の不動産投資の方向性も見えてくるのではないかと考えます。

「不動産投資は1棟目が大切な理由」

不動産投資は1棟目が大切な理由

・1棟目は現金が必要

・失敗するとリカバリーが難しい

・2棟目以降へつなげるため

以上が、「不動産投資は1棟目が大切な理由」になります。

詳しく解説していきます。

「1棟目は現金が必要」

1棟目の場合、実績のない投資家であれば、金融機関からの借入が見込めないか、もしくは、自己資金を多めに必要とされる可能性が高いです。

そのため、貴重な自己資金を一気に使うことになります。

不動産投資のために貯金してきた、少ないくないお金を使うので、やはり1棟目は慎重にならざる終えません。

1棟目から失敗してしまうと、今まで貯金をしてきた期間を無駄にする可能性があるからです。

【戸建不動産投資のはじめ方】 はじめの一歩の踏み出す方法を解説します。

「失敗するとリカバリーが難しい」

不動産投資1棟目の場合、投資を失敗するとリカバリーが難しいと言われています。

その理由は、最悪の場合1棟目が失敗をすると、”負債のみ”が残ってしまうからです。

負債のみの場合、負債を返し終わるまでのリカバリーに、時間がかかってしまいます。

そのため、1棟目はなんとか小さくても良いので、資産として運営できるようにしなければなりません。

戸建不動産投資で失敗を回避する方法【やり方はシンプル】

「2棟目以降へつなげるため」

1棟目の物件は、2棟目以降を購入するための「投資実績」「不動産担保」にすることができます。

「投資実績」「不動産担保」があることにより、2棟目以降は融資が引きやすくなり、投資拡大に向けて加速されることができるのです。

私は、現在10棟の戸建て物件を運営しています。

1棟目のみ現金で購入を行い、その実績をもとに、2棟目以降を融資で買い進めてきました。

現在では、それらの実績と物件の担保により、いつでも次の融資を引くことができる状態にあります。

これは自慢ではないですが、実際に「小さな実績」の積み重ねが、次の一歩に向けての大きな鍵になっていることは、間違いありません。

戸建不動産投資の実績により金利は変化するか?【投資実績が大切】

「1棟目にお勧めする物件の条件とは」

では上記をふまえて、実際にどのような物件を1棟目に買うことを、お勧めするのかを紹介していきます。

1棟目にお勧めする物件の条件

・立地が良く売却可能

・キャッシュフローがでる

・客付けしやすい

立地が良く売却可能

立地が良いといい点が2つあります。

それは、立地が良ければ「入居付けがしやすいこと」と「物件を高値で売却できる可能性が高い」ことです。

1棟目の物件が立地が良ければ、購入後すぐに資産として活躍してくれるため、安心した投資ができます。

キャッシュフローがでる

1棟目の物件でしっかりとしたキャッシュフローが出れば、その利益を使って2棟目以降の物件につなげていくことができます。

この考え方は非常に大切です。

物件資産から出てくるキャッシュフローをもとに、徐々に物件を拡大し続ければ、物件が増えれば増えるほどに、とてつもない大きな力になっていきます。

これは複利の力と同じです。複利の力を制するものこそ、投資を制すると言っても良いでしょう。

客付けしやすい

不動産投資初心者の場合、1棟目は本当に収入になるかと不安になりやすいです。

しかし、客付けしやすい物件であれば、客付けが決まれば自信につながります。

1棟目の際先がよければ、2棟目以降の物件も比較的進めやすくなります。

以上が、1棟目にお勧めする物件の条件になります。

いかにして1棟目で小さな実績を積み、次の物件につなげることができるかが、今後へのポイントになります。

「まとめ」

不動産投資は1棟目が大切な理由 まとめ

・1棟目は現金が必要

→不動産投資のために貯金してきた、少ないくないお金を使うので、やはり1棟目は慎重にならざる終えない。

・失敗するとリカバリーが難しい

→最悪の場合1棟目が失敗をすると、”負債のみ”が残ってしまうから。

・2棟目以降へつなげるため

→1棟目の物件は、「投資実績」「不動産担保」にすることができ、2棟目以降を購入する上で重要なこと。

以上、「不動産投資は1棟目が大切な理由」になります。

不動産投資における1棟目の大切さが、ご理解いただけると嬉しいです。

私自身1棟目では、給与手取り17万円から少しずつ給与天引き貯金を行い、物件を現金購入することができました。

サラリーマン戸建不動産投資の種銭の貯め方【20代手取17万で180万貯金できた方法】

その小さな実績をもとに、徐々に物件数を増やし、現在さらに拡大を目指しています。

その経験を振り返り、やはり不動産投資1棟目の経験は、非常に大切であったと思っています。

このブログでは、不動産投資をメインに自分の実体験をもとに役に立つ情報発信をしていきます。

この記事を読んで参考になれば嬉しいです。

戸建不動産投資の初心者向けおすすめ【不動産投資家ブログ6選】

戸建て不動産は低属性でも融資がつくか? 【フリーランスでもローンを引いた方法】