不動産投資で”失敗する確率を下げる”5つの方法

こんな人におすすめな記事

・戸建て不動産投資で失敗したくないなぁ

・失敗の確率を下げるには、どうしたらいいのだろうか

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

当たり前ですが、投資を行う誰もが失敗をしたくないと思っています。

特に投資の中でも、不動産投資は掛ける費用が大きいこともあり、なお失敗には敏感です。

私は、2015年より不動産投資を行ってきました。

失敗をしないようにと、試行錯誤を繰り返す日々です。

しかし、実際には数多くの失敗を繰り返してきました。

その経験から、今回は「 不動産投資で失敗する確率を下げる5つの方法」を詳しく解説していきます。

不動産投資初心者の方が、少しでも今後失敗しないよう、参考になれば嬉しいです。

「失敗する確率を下げる5つの方法」

「不動産投資で失敗する確率を下げる5つの方法」
  1. 投資を行う明確な目標を持つ
  2. 家賃収入には手をつけない
  3. 自己資金を入れる
  4. 実質利回りを算出する
  5. 小さく初めて徐々に拡大

以上が、「不動産投資で失敗する確率を下げる5つの方法」になります。

詳しく解説していきます。

①投資を行う明確な目標を持つ

不動産投資で失敗する確率を下げる方法の一つ目は、投資を行う明確な目標を持つことです。

その理由は、目標がないままに投資を初めてしまうと、小さな失敗をしただけで心が折れてしまい、長続きしないからです。

不動産投資は、10~20年と長いスパンで物事を考える必要があります。

短期的に行ったり来たりを繰り返していても、結果は出にくい投資方法です。

そのため、自分が「なぜ不動産投資を行うのか」を明確にして目標に向かって突き進むことが大切です。

私の目標は、「不動産投資で経済的自由の達成」です。

そのために、今は借り入れをしたり、また小さな失敗も数多くしてきています。

しかし、目標が明確なこともあり、小さな失敗は気にせず、目標達成に向けて進んでいます。

②家賃収入には手をつけない

不動産投資で失敗する確率を下げる方法の二つ目は、家賃収入には手をつけない

せっかくお金が入ってきているのに、使わないなんてもったいないと思うでしょう。

私もそう思います。

しかし、特に不動産投資をはじめたばかりの頃は、物件数を増やす必要がある時期があります。

そこで、家賃収入のお金を散財すると、次の物件を買うことができません。

また、突然の思わぬ大規模修繕が必要になった際に、家賃収入を使ってしまい、お金がなくなり、対応できないなんてことが起こりえます。

以上のようなことが起こらないためにも、有事の際を想定して、家賃収入には手をつけないようにしましょう。

とはいえ、全く手をつけないということではなく、計画的な配分を決めたり、自分の中でマイルールを決めて資金管理をすれば良いでしょう。

私は、初めて現金で購入した物件の家賃収入のみ、自分の自由に使うお金にしています。

その他の家賃収入は、次の物件を購入するための自己資金として、手をつけることはしていません。

③自己資金を入れる

不動産投資で失敗する確率を下げる方法の三つ目は、自己資金を入れることです。

自己資金を入れることによって、毎月の”返済比率”を安全圏内へ調整します。

返済比率とは

返済額に対する家賃収入の割合のこと

返済比率 = 返済額 / 家賃収入

返済比率は、健全な経営ができているかの一つの指標になる。

50%以下が、安全圏内と言われている。

返済比率を下げることにより、毎月の返済額を下げて余裕のある返済計画を立てます。

仮に年間稼働率が50%でも、返済比率が50%以下であれば、返済に困る心配はないということになります。

④実質利回りを算出する

不動産投資で失敗する確率を下げる方法の四つ目は、実質利回りを算出します。

実質利回りとは

物件価格に対して、税金や管理費など年間の実際の経費を差し引いて、どの程度の家賃収入が得られるかという実質的な収益性を表す数値

つまり、実質利回りを算出するには、「不動産投資に関する収支」を把握する必要があります。

収入と支出を把握することで、もしもキャッシュフローが滞ることになっても、どこに原因があるのか瞬時に理解できます。

原因が理解できないと、なぜ失敗したのか分からないまま次に活かすことができず、また同じ失敗を繰り返す可能性が高いです。

実質利回りを算出することで、お金の流れの見える化を意識しましょう。

実質利回りについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

表面利回りと実質利回りの違いとは【戸建て不動産投資で検討】

⑤小さく初めて徐々に拡大

不動産投資で失敗する確率を下げる方法の五つ目は、小さく初めて徐々に拡大することです。

仮に自分のリスク許容度を超えて、投資に力を注いでしまい失敗してしまうと、大怪我を負う可能性があります。

そのため、自分のリスク許容度の範囲で始めることをお勧めします。

なぜなら、初めて自転車に乗る時と同じで、最初は誰しも転びます。

そのため、まずは小さくはじめて、ちいさく失敗する方がいい経験となり、後々その経験は活きてきます。

そして、失敗した経験を活かして、自信がついたら、徐々に拡大スピードを早めていけば良いでしょう。

失敗しにくい戸建て賃貸を少額で始める方法【1棟目は総額200万円以下でした】

「まとめ」

「不動産投資で失敗する確率を下げる5つの方法」

①投資を行う明確な目標を持つ

→目標がないままに投資を初めてしまうと、小さな失敗をしただけで心が折れてしまい、長続きしないから

②家賃収入には手をつけない

→有事の際を想定して、家賃収入には手をつけないように

③自己資金を入れる

→自己資金を入れることによって、毎月の”返済比率”を安全圏内へ調整

④実質利回りを算出する

→不動産投資に関する収支を把握するため

⑤小さく初めて徐々に拡大

→自分のリスク許容度を超えて、投資に力を注いでしまい失敗してしまうと、大怪我を負う可能性があるため

以上が、「不動産投資で失敗する確率を下げる5つの方法」になります。

冒頭でも紹介しましたが、不動産投資では数百万〜数千万円単位のお金を動かします。

失敗をしてしまうと、大怪我どころか、破産のリスクもあります。

そういったことにならないために、今回紹介した5つのことを意識して、ぜひ成功に向かって進んでもらえるといいですね。

単純な方法ですが、愚直に守ることで、必ず失敗する可能性を低くしてくれます。

このブログでは、不動産投資をメインに自分の実体験をもとに役に立つ情報発信をしていきます。

この記事を読んで参考になれば嬉しいです。

【空き家をリフォーム再生】ゴミ屋敷の攻略実践記

【戸建て不動産投資】いくらの利回りなら失敗か?