戸建て不動産投資でのDIYのメリット・デメリットを紹介

不動産投資初心者

・DIYに興味があるけど、やってみようか迷っています

・DIYのメリット・デメリットが知りたいなぁ

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

最近、戸建不動産投資でDIYに興味がある方が多いようです。

私も複数の物件でDIYを行い、リフォームをしてきた経験があります。

ホームセンターで材料を買い、工具を集めて、床板を張り替えたりしました。

DIYは、自分の力で家がきれいになっていくので、とても楽しい一方で、自分の労働力を使うので、投資の費用対効果を考えなくてはなりません。

その経験から今回は、「戸建不動産投資でのDIYのメリット・デメリット」を紹介していきます。

「戸建て不動産投資でのDIYのメリット・デメリット」

戸建て不動産投資でのDIYのメリット・デメリット

「メリット」

・リフォームスキルがつく

・自分のタイミングでできる

・コストは材料代のみ

・思い通りものが作れる

・趣味になる

「デメリット」

・自分の時間を使う

・けっこう疲れる

・逆にコストがかかる場合もある

・工事期間が長くなる

・道具代がかかる

以上が、「戸建不動産投資でのDIYのメリット・デメリット」になります。

詳しく紹介していきます。

「戸建て不動産投資でのDIYのメリット」

DIYのメリットを紹介していきます。

「DIYのメリット」

・リフォームスキルがつく

・自分のタイミングでできる

・コストは材料代のみ

・思い通りものが作れる

・趣味になる

・リフォームスキルがつく

DIYの数を重ねるごとに、リフォームのスキルが上がってきます。

リフォームスキルがあれば、ある程度簡単なリフォームが自分でできるようになります。

その結果、業者に外注しなくても済むので、コスト削減になります。

・自分のタイミングでできる

自分でDIYをおこな場合、業者に合わせて動く必要がありません。

休日や夜に作業するなど、自分のタイミングで作業が行えます。

・コストは材料代のみ

リフォーム費用は、材料費と手間代がかかります。

DIYでは自分で作業するので、手間代は必要なく材料代のみで良いです。

・思い通りものが作れる

DIYに慣れてくると、自分の思った通りのものを作り上げることができます。

自分の思いがモノとして形にできるのは、とても面白いです。

・趣味になる

DIYの経験を積み、スキルを高めて、道具を揃えていくと趣味として自宅で楽しむこともできます。

日曜大工のように、家の修理もできれば最高です。

「戸建て不動産投資でのDIYのデメリット」

DIYのデメリットを紹介していきます。

DIYのデメリット

・自分の時間を使う

・けっこう疲れる

・逆にコストがかかる場合もある

・工事期間が長くなる

・道具代がかかる

・自分の時間を使う

DIYをすれば、当然ながら自分の時間を使う必要があります。

自分の時間がない方には、作業が進まないので向いていません。

・けっこう疲れる

DIYは現場作業になるので、作業に慣れていなければ結構疲労が溜まっていきます。

特に床張りや壁塗りなどは普段しない姿勢になるので、疲れがたまってきます。

・逆にコストがかかる場合もある

DIY初心者の場合、必要な材料が分からず間違った発注や多めの数量にして材料を余らせてしまうことがあります。

そうなると、プロに頼んだ方が安かったという残念な結果になりかねません。

・工事期間が長くなる

DIYで作業と行う場合は、プロのように毎日必ず作業を行うことはないので、なかなか現場が進みません。

そのため、工事期間が長くなりがちになります。

・道具代がかかる

床張りや壁張りなど大規模なDIYでは、それなりの道具が必要になります。

大工道具は、高価なものが多いです。

また、DIY作業を行なっていると次々に道具が欲しくなるものです。

気づいたら結構な道具代を使っていたということになりかねません。

「DIYを行うかどうかは費用対効果次第」

私は、不動産投資を始めた当初は、リフォーム費用を抑えようと積極的にDIYを行なっていました。

しかし、最近では業者さんに全て依頼するようにしています。

その理由は、”費用対効果を考えると業者さんに依頼した方が良い”という判断からです。

DIYを行うと、どうしても自分の時間を必要とすることと、工事期間が長くなってしまい、その分の家賃収益の機会損失があるからです。

業者に依頼する理由

・自分の時間を必要になる

・工事期間が長くなりがち

・家賃収益の機会損失がある

私自身フリーランスで本業で稼ぐことができるので、日中はDIYの作業を行うよりも、自分の本業をしている方が、時給単価が高くなります。

サラリーマンの方は、仕事以外の休日や夜間などの空き時間にDIYを行うのはありですが、疲労がたまりやすく、本業に支障がでるようであれば検討した方が良いでしょう。

また、工事期間が伸びてしまうと、その分入居も遅れます。

費用対効果を考えて、DIYをすべきかどうか判断してください。

「まとめ」

まとめ

DIY作業にはメリット・デメリットがある。

本業がある場合、DIY作業に時間が取りづらいため、現場が進みづらい。

工事期間が延びると家賃の機会損失が増えるので、費用対効果を検討して業者に発注すると決めることも戸建不動産投資の戦略です。

以上を、「戸建不動産投資でのDIYのメリット・デメリット」を紹介してきました。

色々と解説してきましたが、とはいえ現場でのDIY・物づくり作業は、とても楽しいです。

あえて、たまに自分で作業をすることで、プロの業者さんのありがたみが分かります。

このブログでは、不動産投資をメインに自分の実体験をもとに役に立つ情報発信をしていきます。

この記事を読んで参考になれば嬉しいです。