【不動産投資向け】コスパの良いリフォーム業者の探し方

不動産投資初心者

・コストパフォーマンスの良いリフォーム業者さんっていないかな

・リフォームを頼むのに、どんな業者に頼べば良いのだろうか?

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

不動産投資を行うには、物件の修繕・リフォームが必須です。

発注するリフォーム会社によって、物件のリフォームのコストが変わってくることをご存知でしょうか?

会社によっては、同じリフォーム内容にもかかわらず、数万〜数十万と金額が変わることもあります。

そこで今回は、【不動産投資向け】コスパの良いリフォーム業者の探し方という内容で、詳しく解説していきたいと思います。

「コスパの良いリフォーム業者の探し方

コスパの良いリフォーム業者の探し方

①リフォーム内容を確定する

②コスパの良い業者を探す

③複数の業者に相見積もりを取る

④リフォーム業者に発注

以上が、「コスパの良いリフォーム業者の探し方」になります。

詳しく解説していきます。

①リフォーム内容を確定する

コスパの良いリフォーム会社を探す前提として、複数のリフォーム業者へ「相見積もり」を取ることが前提となります。

相見積もりを取るには、同じリフォーム内容でなければ、業者間の値段の比較がしにくいです。

そのため、まず最初にリフォームの内容を確定しておくことが、大切です。

リフォーム内容を確定させるには、実際に現場にいき、自分で判断をしていきます。

私の場合は、平面図に部屋ごとに修繕・リフォームする内容を記載して、業者に渡すようにしています。

手書きでクロスの指示
手書きで、クロスの指示を書く

②コスパの良い業者を探す

リフォーム内容が決まれば、次はいよいよ業者を探します。

リフォーム業者といっても、様々な種類があることをご存知でしょうか?

実は、リフォームを発注する先によって、コスパが左右することがあります。

「コスパが良い業者」

「コスパが良い業者」

・一人親方大工

・何でも屋

・地元の工務店

・一人親方大工

一人親方大工とは、フリーで(個人事業主)大工を行っている職人さんのことです。

基本的には、フリーの大工さんの場合、かかるコストは、職人日当 + 材料実費 + 経費(交通費など)になり、非常にコスパが良いです。

また、直接職人さんと話ができるので、細かいちょっとした修繕・リフォームも依頼がしやすいです。

・何でも屋

町の看板や電話帳で見かける何でも屋さん。

業務内容は、現場の片付け、電気・水道の修理、ちょっとした修繕・リフォームなど多岐に渡ります。

建築の場合は、分業性が基本です。

大工工事、内装工事、塗装工事、電気工事、水道工事など業種によって職人さんが分かれています。

何でも屋さんの場合は、小規模な修繕・リフォームを一人の職人さんが行ってくれるので、非常にコスパが良いです。

ただし、リフォームの規模や内容によって何でも屋さんでは手に負えない場合もあるので、事前の確認が必要です。

・地元の工務店

工務店とは、建設業の請負いを行っている業者のことです。

現場近くの工務店さんへリフォームの依頼をかければ、業種ごとの職人を一括で手配してリフォームを行ってくれます。

また自社で大工をかかえてるので、小規模なリフォームであれば工務店のみでリフォームを完了させてくれます。

私がいつも投資用物件のリフォームを行う場合は、工務店さんに依頼をしています。

その理由は、コスパが良いのは当然のこと、専門業者を一括手配してくれるので、発注者側への負担が少なくて済みます。

一度、一人親方大工や何でも屋へ発注したことがありました。

しかし、各業者の手配やリフォームの段取りに時間がとられたこともあり、現在は工務店さんを中心に発注を行うようになりました。

(あくまでも小規模リフォームのコスパの点についてです。)

「コスパが悪い業者」

「コスパが悪い業者」

・設計事務所

・大手メーカー

・設計事務所

設計事務所の仕事は、建築の意匠設計・デザインです。

図面を作成するのが仕事になるため、実際のリフォームは工務店や大工さんが行います。

つまり、余分にデザイン費用がかかってくるのです。

不動産投資のリフォームについては、デザインにコストをかけるほどでもないかと思いますので、修繕・リフォームのコスパは悪いと思います。

逆に、意匠設計やデザインへコストをかけたい方は、設計事務所への発注をおすすめします。

・大手ハウスメーカー

CMやチラシなどで広告を出している大手ハウスメーカーへのリフォーム依頼は、コスパは悪いです。

なぜなら、大手ハウスメーカーの場合、会社の維持やブランド力向上のための宣伝広告費用や会社の経費率が高いのが特徴です。

不動産投資の修繕・リフォームを依頼しても、大手ハウスメーカーの下請け業者が実際の仕事を行います。

逆に、大手の安心感やブランド力を求める場合には、大手ハウスメーカーへの発注をおすすめします。

③複数の業者に相見積もりを取る

見積もりを依頼する先が決まれば、複数の業者に相見積もりを取り、業者によって値段を比較します。

相見積もりを取る際には、必ず複数業者への見積もりを取りますと承諾を得てからにしましょう。

業者をどうやったら探したら良いのかわからない人は、以下の方法があります。

リフォーム業者を探す方法

・紹介

・ホームページ

・電話帳

特に、投資家仲間がいれば、良いリフォーム業者を知っていることが多いのでおすすめです。

ただし、値段が安いことが良いというわけではありません。

金額は安いが、信頼できない業者であれば、リフォームを発注する必要はありません。

業者の対応を見ながら、値段と信頼の総合的に判断をして、業者選定を行うようにしましょう。

④リフォーム業者に発注

値段の比較見当が終われば、あとはリフォーム業者に発注をします。

何度か現場で打ち合わせを行い、リフォームを進めていきます。

あらかじめ確定したリフォーム内容をもとに、リフォームを進めていくだけです。

工事途中に、追加や変更があればその都度予算に合わせて、臨機応変に対応していきます。

「まとめ」

コスパの良いリフォーム業者の探し方

①リフォーム内容を確定する

→複数の業者に見積もりを取るため、リフォーム内容を確定させておく。

②コスパの良い業者を探す

→発注する先によって、コスパの良い・悪いが決まってくる。

③複数の業者に相見積もりを取る

→業者の対応を見ながら、値段と信頼の総合的に判断をして業者選定を行うようにしましょう。

④リフォーム業者に発注

→工事途中に、追加や変更があればその都度予算に合わせて臨機応変に対応していく。

以上が、コスパの良いリフォーム業者の探し方になります。

何度かリフォームの回数を重ねてくると、コスパの良い業者さんと出会うことができ、毎回相見積もりを出す必要がなくなってきます。

私の場合、現在は相見積もりをすることがなくなり、自分が信頼できて仕事のしやすい3つの工務店さんへ発注をするようになりました。

信頼できるリフォーム業者のチームづくりが、不動産投資の成功に不可欠だと思っています。

この記事が、参考になれば嬉しいです。

”リフォームがどのくらい掛かるか分からない”、”複数のリフォーム業者から見積もりを取りたい方”は、リフォームプランと見積もり比較ができる「タウンライフリフォーム」を利用してみてはどうでしょうか?