【価値観の変化】不動産投資を始めるとお金を使わなくなった理由

ブログ管理人
にんじん

・戸建て不動産投資をはじめてから、不思議とお金を使う機会が減った

・浪費にお金を使うのはもったいない。それよりも投資にお金を回そう

上記の内容に、興味がある方向けの記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

私は2015年より戸建て不動産投資を始めました。

始めた当時は、手取り17万円のサラリーマンをしていました。

当時は、今思えば全く必要のない服・時計・雑貨などに無駄にお金を使っていました。

そのため給料日1週間前くらいになると、財布からお金がない状態が続きました。

今現在でも、多くのお金があるわけではないです。

しかし、不動産投資を始める前と比べると、無駄にお金を使うことがなくなりました。

そして、その理由は『価値観の変化』だと思っています。

そこで今回は、「【価値観の変化】不動産投資を始めるとお金を使わなくなった理由」を詳しく解説していきます。

なぜ、不動産投資を始めるとお金を使わなくなるのか、その理由を体験談をもとに説明していきます。

こんな方におすすめ記事

・ついつい消費・浪費をしてしまう

・毎月給料前には、手元にないお金がない状態が続く

「不動産投資を始めるとお金を使わなくなった理由」

「不動産投資を始めるとお金を使わなくなった理由」

・消費にまわすなら投資にまわす

・本当に価値のあるものしか買わない

・材料支給で発生した楽天ポイントで暮らす

・あるものを使うように工夫をする

以上が、「不動産投資を始めるとお金を使わなくなった理由」になります。

詳しく解説していきます。

「消費にまわすなら投資にまわす」

いざ不動産投資を始めると、今まで使っていたお金の価値観が大きく変化しました。

なぜなら、今ここで使うお金を不動産へ再投資すれば、もっと大きなお金を生むことが理解できるからです。

不動産投資をはじめると、収益物件から家賃収入を得ます。

その得た収入を、物件を買う等の再投資にまわすと、収益は雪だるま式に大きくなっていきます。

これを、『複利の効果』と言います。

詳しい「複利の効果」はこちらの記事から

【不動産投資】月20万円キャッシュフローで暮らしはどうなるか?【結論何も変わらない】

つまり、目の前の消費よりも投資にまわした方が、なんだかお得な気がしてくるのです。

私は、その気持ちがストッパーとなり、無駄な消費をすることがなくなりました。

「本当に価値のあるものしか買わない」

不動産投資を始めると、資産価値があるかどうかを見極めて判断してから、物件を購入するようにしています。

つまり、本当に価値のあるものしか買わない思考になってきます。

物件購入の際に、いくら安くてもボロ物件を手に入れても、負債となるのでは意味がありません。

こちらの記事では、タダ物件の危険性を解説しています。

地方では家がタダ(0円)で手に入る【不動産が無償譲渡になる時代】

その思考は、日常生活でも多いに役立ちます。

自分が本当に必要で、価値があるというものだけしか買わないようにしています。

バーゲンセールなどで価格が安いからといって、必要のない商品を買うことがなくなりました。

その代わり、本当に必要なものにお金をかけるようにしています。

例えば、今使っているノートPCは、2017年に購入したMacbookProです。

当時アップルストアに行き、最強スペックにしてくださいとお願いをしました。

その結果ノートPCだけで、30万円以上しました。しかし、全く躊躇なく購入しました。

今では、ハイスペックMacbookProのおかげで、仕事がサクサクとはかどり、結果として30万円以上の利益を十分に生んでくれています。

逆に、私は服や時計などには全く興味がありません。強いて興味がある点で言えば”機能性”です。

そのため、服はUNIQLO、靴はNIKE、時計はG-SHOCK、カバンはPatagoniaと決めています。

これらのブランドに共通する点は、「流行に左右されない」「コスパが良い」「機能性を重視」したブランドです。

一度購入すれば、数年は使い続けることができます。

「材料支給で発生した楽天ポイントで暮らす」

私は”楽天経済圏”の住人です。

楽天経済圏とは

あらゆる生活支出を、楽天経由にすることで支出に対して楽天ポイントが毎月大量の発生させること。

楽天ポイントは、RPay・楽天Edyなど電子マネーに変換できるほか、楽天モバイルでスマホ代支払い、楽天でんきで電気代支払いも可能になる

上記の生活支出の他にも、不動産投資の際に必要になる材料を楽天市場経由で購入することで、多くの楽天ポイントを得ています。

また、生活支出と連携をさせるだけで、常時10倍のポイント発生が発生します。

(1万円の買い物で1000ポイント発生する計算ですね。)

つまり、楽天ポイントをうまく使うことで、現金での支払いを極限まで減らすことができます。

ちなみに、楽天経済圏のコツは無理にポイントを稼ごうとしないことです。

生活支出に連携をさせることで、毎月一定数が勝手に貯まっていきます。

また、年に4回ある楽天スーパーSALE・お買い物マラソン・0と5のつく日を狙えばさらにポイントが発生します。

そして、これらのポイントは毎月1~3万ポイント程発生します。

それだけポイントがあれば、毎日の食費やスマホ代ぐらいは、楽天ポイントで支払いが可能になります。

ポイントをうまく活用することで、現金を使うことが確実に減りました。

【ようこそ楽天経済圏へ】”年12万円”ポイントを貯めて生活コストがお得になる方法

「あるものを使うように工夫をする」

不動産投資で築古物件を購入すると、予算の都合もあり全てをリフォームするわけには行きません。

なんとか既存であるものを活かして、工夫をすることで利回りを上げる努力が必要になります。

その思考は、日常生活でも活かすことができます。

家具や家電はもちろん、服や消耗品でも新しいものを買うことを極力避けて、今あるものを有効活用できないかを考えるようになりました。

DIYが得意ということもあり、自分で物を作りお金を使わず、工夫することもやっています。

意外と、DIYの精神は重要だと気づきました。

人間の幸福は、何かに挑戦してそれに達成することです。

資本主義の世の中ではお金を払えば、全てのものが手に入る時代になっています。

しかし、あえて自分で考えて自ら作るという原始的な行為をすることで、その時の達成感はとても心地が良いものになります。

【DIYでマイホーム作り】 築150年の古民家を再生した話

今までお金という対価を支払うことで、本当の価値感が薄らいでいたように感じます。

もう一度「Do it yourself 自分でやれ」のDIY精神を大切にすれば、今まで目の前にあったけど、見えていなかった価値を見つけることができます。

「まとめ」

まとめ

・消費にまわすなら投資にまわす

→今ここで使うお金を不動産へ再投資すれば、もっと大きなお金を生むことができるという気持ちが消費への大きなストッパーになる。

・本当に価値のあるものしか買わない

→不動産を見極める思考が、本当に価値のあるものしか買わない思考へと繋がっている

・材料支給で発生した楽天ポイントで暮らす

→楽天ポイントをうまく活用することで、現金を使うことが確実に減る

・あるものを使うように工夫をする

→新しいものを買うことを極力避けて、今あるものを有効活用できないかを考えるようになる

以上が、「【価値観の変化】不動産投資を始めるとお金を使わなくなった理由」になります。

普段お金を使わないようになった私が最近買った買い物中で一番良かったものは、ドラム式洗濯機です。

今までは、洗濯をして干して、乾いたら洗濯物を取り込むという一連の動作を行ってきました。

そしてついに、子供が生まれたことをきっかけにドラム式洗濯機を導入しました。

その結果、毎日の日課であった洗濯の一連の動作をしなくて済むようになり、その分の「時間の確保」と「ストレスの軽減」につながりました。

何が言いたいかというと、不動産投資をはじめたことをきっかけに、日々の”費用対効果”へ意識を向けるようになったのです。

ドラム式洗濯機や自動掃除ロボットルンバなどは、家事という時間をなくしてくれる便利な道具です。

日々家事という時間を消費するのではなく、もっと価値のある家族との時間を優先させてくれるので、とても費用対効果の高い買い物だと思っています。

このような投資的思考を理解できたのは、不動産投資を始めたからです。

時間とお金を味方して、不要なものにはお金を使わず、本当に必要なものにお金をかける思考は、とても大切な考え方です。

このブログでは、不動産投資をメインに自分の実体験をもとに役に立つ情報発信をしていきます。

この記事を読んで参考になれば嬉しいです。

「悪い借金」と「良い借金」の違いをわかりやすく解説【不動産投資家が比較】

【疑問】戸建て不動産投資 家賃を回収するだけでは結局損するのではないか?