【不動産投資】月20万円キャッシュフローで暮らしはどうなるか?【結論何も変わらない】

不動産投資初心者

・キャッシュフローが月20万あれば、どんな暮らしができるのだろうか

・毎月20万円もあれば遊び回れるはず!実際はどうだろうか?

この記事では、上記の方向けに関する記事です。

ブログ管理人

2015年より不動産投資を始めました。

現在10棟の戸建不動産物件を所有しています。

家賃収入は毎月40万円程度。手取額で約20万円程度の不動産所得があります。

プロフィールはこちらから

こんにちは。いなか不動産のにんじん🥕です。

私が戸建て不動産投資をはじめる理由は、不動産資産から不労所得を得て、経済的自由を達成することが目的でした。

はじめた当初はサラリーマンの給与手取りが月17万円だったこともあり、月5万円でも不労所得があれば暮らしがどんなに豊かになるかと想像をしていました。

そして現在、不動産資産からの月キャッシュフローが20万円を達成しました。

そこで今回は、【戸建て不動産投資】月20万円キャッシュフローで暮らしはどうなるか?【結論何も変わらない】を実体験をもとに解説していきます。

不動産から得られるキャッシュフローの使い方は、人によって様々です。

不動産投資書初心者にとって、キャッシュフローの使い方の参考になれば、嬉しいです。

記事を読んでいただく方にとっては、少し残念に思う結果かもしれません。

私なりの投資の考えをもとに常に行動しています。決して強制するわけではないことをご了承ください。

「月20万円キャッシュフローで暮らしはどうなるか?」

結論

今までの暮らしから変化はない。

なぜならキャッシュフローで得た資金を消費に回さず、全て再投資しているから

その理由は以下の通り

  1. キャッシュフローを再投資して複利の効果を活用
  2. キャッシュを貯めて、資産性の高い物件へ移行
  3. キャッシュフロー再投資は物件購入が加速する

以上、月20万円キャッシュフローで暮らしはどうなるか?【結論何も変わらない】になります。

詳しく解説していきます。

「キャッシュフローを再投資して複利の効果を活用」

私がキャッシュフローを消費に使わず、全額再投資するには、『複利の効果』を期待しているからです。

複利とは

複利効果とは

「運用で得た収益」をふたたび投資すること。

利息が利息を生んでふくらんでいく効果のことです。

つまり、複利の効果を利用すれば、時間をかければかけるほど、お金自身が働いて稼ぐ金額が増えていことが期待できます。

単利と複利の比較

複利の逆が、『単利』といいます。

単利とは、元本だけに利子がつくことです。

例えば、100万円を5%で30年間運用した場合「単利」と「複利」を比べてみましょう。

単利と複利の比較

10年目

単利:1,500,000円 複利:1,628,895円(差額:128,895円)

20年目

単利:2,000,000円 複利:2,653,298円(差額:653,293円)

30年目

単利:2,500,000円 複利:4,321,942円(差額:1,821,942円)

単利の計算は「足し算」ですが、複利の計算は「掛け算」になります。

つまり、投資期間が長ければ長くなるほど大きな差が出ます。

運用を早く始めれば始めるほど良いのは、この複利効果がより大きく期待できるからです。

つまり不動産投資のスタートは、早ければ早いほどよいのです。

キャッシュフローの再投資は複利を活用

前置きが長くなりましたが、不動産投資から得ることができるキャッシュフローとは、つまり「運用から得た収益」にあたります。

毎月20万円のキャッシュフローを得ることができるのであれば、その資金を貯めて新たに戸建て物件を購入します。

そうして買い進めることにより、不動産投資においても、複利の効果を活用することができるのです。

「キャッシュを貯めて、資産性の高い物件へ移行」

私がキャッシュフローを使わないもう一つの理由は、戸建て不動産投資だけでは、長期的な資産としては役不足に感じているからです。

そのため、目の前のキャッシュフローを使うのではなく、将来の資産価値の高い物件へ投資を行うための資金にするつもりです。

そうして資産の組み換えを行うことによって、20~30年と長期的な視点で投資を行い続けることができます。

上記で紹介した通り、長期投資であればあるほどに複利の効果が見込めます。

そのためには長期に耐えうる新築物件や耐用年数の長い資産へ移行する必要があります。

具体的な手順

ここでは、資産性の高い物件へ移行するための手順を紹介していきます。

資産性の高い物件へ移行するための手順

①築古戸建て物件から得たキャッシュフローを貯める

②得たキャッシュフローで再び戸建て物件を購入

③一定のキャッシュフローが見込めるとキャッシュを貯める

④貯めたキャッシュで資産性の高い物件を購入

⑤資産性の高い物件で長期運用

投資家にとって、自分がどこのフェーズを目指すのか、現在自分がどこのフェーズにいるのかを認識することが大切です。

私は戸建て物件10棟でキャッシュフロー月20万円なので、②のフェーズにいると認識しています。

③への移行に向けて、さらなるキャッシュフロー獲得を目指したいと思っています。

「キャッシュフロー再投資は物件購入が加速する」

ここでは、キャッシュフロー再投資は物件購入が加速する仕組みについて解説します。

1棟目に300万円の物件を購入して、年間家賃収入60万円で運用。

1棟目の物件を5年運用して300万円のキャッシュフローを得る。

その300万円で2棟目を購入。年間家賃収入120万円で運用。

2.5年後再び貯まった300万円で3棟目を購入。年間家賃収入180万円で運用。

1.7年後4棟目を購入、1.25年後5棟目を購入・・・・

2棟目:5年間、3棟目:2.5年間、4棟目:1.7年間、5棟目:1.25年間

(※経費・税金は計算がややこしくなるために考慮していません。)

以上の仕組みから、キャッシュフローの再投資を行うことで、物件拡大を加速させる上で非常に重要になります。

つまり、目の前のキャッシュフローを消費に使うのは、物件拡大の加速を弱めることになります。

そうならないために、今はキャッシュフローの再投資を行っています。

「まとめ」

月20万円キャッシュフローで暮らしはどうなるか?【結論何も変わらない】 まとめ

・キャッシュフローを再投資して複利の効果を活用

→複利の効果を利用すれば、時間をかければかけるほど、お金自身が働いて稼ぐ金額が増えていことが期待できる

・キャッシュを貯めて、資産性の高い物件へ移行

→将来の資産価値の高い物件へ投資を行うための資金にする

・キャッシュフロー再投資は物件購入が加速する

→キャッシュフローの再投資は、次の物件を購入する期間を短くできる方法

以上、【戸建て不動産投資】月20万円キャッシュフローで暮らしはどうなるか?【結論何も変わらない】になります。

月20万円を得ても、暮らしは何も変わりません。

その理由は、上記の「資産性の高い物件へ移行するための手順」でも紹介した通り、今はキャッシュフローを消費に使うフェーズではないからです。

とはいえ、キャッシュフローの使い方は、投資目的や投資スタイルによって変わってきます。

この記事で言いたかったことは、自分の目的に合わせてキャッシュフローをうまく使いこなすことで、さらに資産の拡大が可能になるということです。

このブログでは、不動産投資をメインに自分の実体験をもとに役に立つ情報発信をしていきます。

この記事を読んで参考になれば嬉しいです。

戸建て不動産投資は”キャッシュフローを重視しない”理由

不動産投資で”マイナスキャッシュフロー”を避ける5つの方法